激痛!痛風と結石どちらが痛いか、ならないためには?

スポンサーリンク

調べてみました、痛さの対決!痛風と結石、どちらが痛いか。痛い病気は、どんな方でもいやですよね。また、その痛い病気にならないためには、どうするべきなのか。どちらも原因は、食生活です。どのようなことに注意したらよいのでしょう。みていきましょう。

[ad#co-1]

結石とは

結石は、尿路結石ともいわれており、腎臓でできたカルシウムの塊、一般的に「石」といわ

れております。腎臓で作られた尿が、通る経路、腎盂腎杯・尿管・膀胱・尿道などに「石」

ができることです。「石」が腎臓にある場合は、痛みはありませんが、そこから尿管へ移動

するときに痛み、いや、激痛となります。尿のでも悪くなったり、頻尿、残尿感もありま

す。結石は、腸の中で、シュウ酸がカルシウムと結合することで、腎臓で「石」になり、尿

管を詰まらせます。ということで、石の大半は、カルシウム系で、塩分取りすぎにより、結

石とはなりません。

どのような食べ物を注意するか

動物性タンパク質は、シュウ酸や尿酸を増やします。主に肉類から接種されます。ほかに

は、魚貝類などのカルシウム、アクの強いホウレンソウは、取りすぎに注意してください。

また、尿酸に変わり尿酸値を挙げるプリンタ体も取りすぎに注意してください。高尿酸血症

となり、結石ができやすくなります。

痛風とは

尿酸が、関節の周囲にたまり、体を守ろうとする白血球が、攻撃をするために炎症となり、

急性関節炎のことを言います。原因はプリン体ですが、尿や便で排出しますが、食べ過ぎ飲

みすぎ、偏食などにより、プリン体が体の中に蓄積してきます。蓄積すぎると、関節や血液

に尿酸がたまり、激痛となります。痛みは、足の指、足の関節、足の甲、アキレス腱の付け

根、膝関節、手の関節に症状がでます。

症状がでたら

激痛がでたら、まずは、患部を冷やして安静にしてください。また、痛みを和らげるため

に、市販の鎮痛薬を服用する場合は、アスピリン系は、絶対避けるようにしてください。ア

スピリン系は、逆に、症状を悪化させる可能性があります。

塩分1日6g未満

痛風は、最近の研究が進み、原因がプリン体だけではなく、塩分の摂りすぎによっても痛風

を発症させることが分かってきました。塩分の摂りすぎで高血圧となり、それが原因で、尿

酸値が上がってしまいます。高尿酸値の方は、高血圧症を合併してるケースが多いです。血

圧高めの人は、塩分1日6未満を守りましょう。

どのような食べ物に注意するか

痛風は、アルコールからも影響を受けます。体内でアルコールを分解するとき、同時に尿酸

が作られます。この尿酸が体内に蓄積されていくと、肉類や海産物などが原因で発症しま

す。アルコール、魚介類、塩分を減らして、野采、チーズ、たまごを中心に食生活を変えて

いきましょう。

スポンサーリンク

激痛!痛風と結石どちらが痛いか、ならないためには?のまとめ

結石、痛風ともに、原因が食生活ということでした。食生活を見直すようにしてください。

どちらも突然の激痛を伴いますよ。なってからでは、遅いです。耐えられない痛みです。ち

なみに、どちらが、痛いかと調べたところ、いろいろあるようで、痛みの単位がドールとい

うのを初めて知りました。このドールの単位では、痛風より結石の方が高い数値で、痛いと

判断しています。一般的なものでは、痛みが出た時、痛風の場合、救急車を呼ばないが、結

石の時は、救急車を呼びます。というのがあり、このことから、やはり、結石の方が痛いら

しいです。気を付けましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット