これで解決!トイレットペーパーはダブルとシグルどっち?知ってお得!

日用品

トイレットペーパーには、みなさんご存知のようにダブルとシングルの2種類があります。なぜ2種類あるのか理由を考えたことはありますか?また、それ以外にも種類はあるのでしようか?素朴な疑問を調べてみました。

 

トイレットペーパーは、「ダブル」と「シングル」の2種類あります。

「ダブル」は、紙が2枚重ねになっていて、「シングル」は、1枚だけです。

 

なぜ、このように2種類あるのでしようか?

この理由を知ることによって、なにかお得になることはあるのでしょうか?

 

ワクワクしますね。

では、早速ですが、そのワケを調べていきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トイレットペーパーにダブルとシングルがあるわけ

トイレットペーパーは、当たり前ですが、「紙」です。

「紙」は、「表面」と「裏面」があります。

 

指でさわってみてツルツルと感じる方が「表面」です。

ザラザラと感じるのが「裏面」となります。

 

「シングル」の場合、1枚のみの紙なのでどちらかが「表面」となります。

シングルのトイレットペーパーは、巻いてある外側、目で見える面が「表面」です。

 

このシングルの「表面」と「裏面」を意識して使用している方はいますか?

「表面」は、ツルツルしているので肌ざわりが優しいですよね。

「裏面」は、ザラザラしているので、ちょっと不快に感じる方もいると思います。

 

さらに、シングルの紙は、1枚なので、しっかり拭けるように

ダブルの紙より、少し、厚いです。

そのため、さらに肌触りが不快に感じます。

 

そこで、このような不快をなくすために「ダブル」

のトイレットペーパーが誕生したという訳です。

 

トイレットペーパーの「ダブル」は、構造が、2枚の紙を使用し

「裏面」と「裏面」が向かい合わせとなって作られています。

 

そのため、「表面」は、外側同士となり、2枚重ねの外側は

どちらも「表面」と言う構造になっています。

「ダブル」では、使用するときに、「表裏」を気にしなくていいですね。

 

要は、「ダブル」と「シングル」は、肌触りの差と言うことですね。

トイレットペーパーのダブルとシングルで気になるコスト

「ダブル」と「シングル」は、見た目では、大きさが同じですが、

「ダブル」は、30mで「シングル」は、倍の60mあります。

 

ですから、単純に考えても、「ダブル」の方が、早くなくります。

でも、価格は、どちらも同じに設定され販売されています。

 

1枚の紙のシングルと2枚の紙を重ねて使用するダブルのトイレットペーパーの

コストは、当然ながら「ダブル」の方が高くつくのでしようね。

 

トイレットペーパーを製造するメーカー側としては、

製造コストは、シングルの方が手間暇がかかり、紙の量が「ダブル」と

 

比べて多い、また、紙を巻き取る時間や乾燥時間なども「シングル」

の方が長くかかり、トータルでは、「ダブル」のほうがコストはかからないと言います。

 

このコスト面の対策として製造メーカーは、同価格で「ダブル」30m、

「シングル」を55mにした製品も販売するようにしました。

トイレッペーパーのダブルとシングルのメリット・デメリットとそれ以外の種類?

●メリット

<ダブルのメリット>

肌触りがやわらかく肌に優しい

・吸水性が高い(さらに吸水性UPした3枚~4枚重ねた製品もでてきました)

<シングルのメリット>

ダブルよりコストがかからない

 

●デメリット

<ダブルのデメリット>

・ミシン目より2枚一緒に切れない時がある

・流すとき、一回では、流し切れない時がある

・詰まり安い感じがする

<シングルのデメリット>

・切れにくい

・紙質が硬く、不快感がある

トイレットペーパーにダブルとシングルどっち?知ってお得!のまとめ

トイレットペーパーの「ダブル」と「シングル」があるわけは、

「肌触り」が大きな理由なんですね。

 

トイレットペーパーのは、先に「シングル」が生まれ、

肌触りがいまいち!

 

と言う理由から「ダブル」が誕生しました。

しかし、トイレットペーパーを製造するメーカーは、製造するコスト面

 

や「肌触り」が良いということでは、「ダブル」に軍配ですが、

しトイレットペーパーを使用する私たちににとっては、ランニングコストが安く

 

長持ちする「シングル」に軍配、また、学校などでは、たくさん消費するので

やは、コスト面から見ても「シングル」が必要なんですね。

 

そんなこんながあって、今現在、「ダブル」と「シングル」が存在しているのです。

あなたは、肌触り or コスト どっち?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日用品 生活
t-muroをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
wadai

コメント

タイトルとURLをコピーしました