N-NOSE検査はいつからか?尿の一滴で15種類のガンを早期発見!

ガン検査

最近、話題となっています。N-NOSE(エヌノーズ)検査はいつからできるのでしょうか?尿のわずか一滴で15種類のガンを早期発見します。どの病院でも受けられるのか、費用はいくらかかるのか、など気になる事柄を調べてみました。

 

色々と調べていくと、このN-NOSE(エヌノーズ)検査は、

なんと尿一滴でガンを85%の確率で見つけられると言います。

 

さらには、ステージ0やステージ1での早期ガンを発見するそうですよ。

なんと夢のような出来事ですね。

 

このN-NOSE検査を受けるにはどこの病院か?

いつから受けられるのでしょうか?

費用はどのくらいでしようか?

 

気になる事を調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

N-NOSE検査はいつから?

2020年1月から実用化されたとのことです。

えっ?すでに始まっているの?  驚いた!

 

しかしながら、以前から多数のメディアやテレビから発信されていて

大変、注目されているために

 

2020年1月24日(金)にこの「N-NOSE」の検査が申し込みできる病院が公開されたのです。

が、なんと、現在、健康保険組合などや法人への検査対応が集中したために

 

一般のお客様の窓口の施設数を制限をかけていると言います。

という事情から、いますぐにとは検査ができないようです。

 

最新情報が分かり次第、紹介したいと思います。

※現在、すべての病院で検査が出来るわけではありません。

また、予約についても、同様です。

N-NOSE検査はいつから?申し込みは?

<検査申し込み先と検査結果までの流れ>

「N-NOSE」検査の申し込みは、直接、検査を取り扱っている病院や施設に申し込みます。

その後、病院や施設で尿を採尿し、N-NOSE検査センターで検査が行われます。

そして、検査結果が報告されます。

 

検査結果がでるまでの期間は、およそ2週間から最大でも1か月になります。

N-NOSE検査はいつからか?費用はどのくらいなの?

検査費用: 9,800円(税抜/参考価格)

 

とても安いとおもわれる価格ですね。

なぜにこのような安価と思われる価格で検査が出来るのでしょう?

 

それには、検査方法に訳があります。

N-NOSE検査には、嗅覚が犬よりもとても優れた「線虫」の特徴を利用して

検査を行います。

 

この「線虫」の飼育するためのコストが検査費用になっています。

この飼育コストがとても安いというわけでの価格が実現したのです。

<線虫とは>

N-NOSE検査はいつから?尿の一滴で15種類のガンを発見!

「線虫」が反応するガン15種類(2019年9月現在)

  1. 大腸
  2. 膵臓
  3. 肝臓
  4. 前立腺
  5. 子宮
  6. 食道
  7. 胆嚢
  8. 腎臓
  9. 膀胱
  10. 卵巣
  11. 口腔・咽頭
  12. 胆管

現時点において、ガンの部位までを判別することはできていませんが

今後も特定できるようにしていきます。

 

また、その他のガン種についても研究中で、対応するガン種

を今後もさらに増やしていきます。

N-NOSE検査はいつから?線虫とは?

「線虫」とは、土などに生息する微小生物です。体長は1mm。

嗅覚があのすごいと言われている犬よりもさらにすごいのです。

 

その嗅覚の特徴を利用してガンの検査を行います。

ガン患者の尿に含まれる特有の微量な臭いでは、近づき

 

健康な人の尿からは、逃げるという性質を利用し判定をします。

的中率は、85%。

さらに、ステージ0~1では、87%の判定。

一般的なガン検査の「腫瘍マーカー」より高確率だと言います。

N-NOSE検査の特徴

現在での「ガン検査」は、腫瘍マーカーやCTスキャン、MRI、マンモグラフィー

などの機械を使用します。予約をとっての検査ではありますが、なんだかんだで

半日はかかります。

 

また、マンモグラフィーなどの使用する検査によっては、傷みをこらえて検査を

行うのもあります。

 

腫瘍マーカーも血液検査なので、注射器で血液を抜きます。

この検査も痛いし、血を抜いてるところは見たくないですよね。

 

CTスキャンやMRIは、ベッドに横たわり、検査内容によっては、

造影剤を使用して点滴をしながらの検査になり、意外と面倒で

大変です。検査後は、疲れも残ります。

 

しかし、N-NOSEは、このようなことが一切ないのです。

尿を一滴だけで、15種類のガンを、早期発見でき

費用が、激安と来ています。

 

本当なのでしょうか?

それが、本当なのです。

N-NOSE検査はいつからか?尿の一滴で15種類のガンを早期発見!のまとめ

N-NOSE検査、尿一滴で85%の確率でガンを特定します。

この画期的な発明とでもいいのでしょうか?

 

長い間、待ちに待ったガンの早期発見方法が

このような安価とは、とても驚きました。

 

ガン検査と言えば、「費用面がどれくらいかかるのか」や、「検査時間や結果が出るまでの期

間など、時間がかかるもの」と思っていました。

 

尿のわずか一滴で、検査が済んでしまう。

今後は、たくさんの人たちが検査を受けることが出来るでしょうね。

 

早期発見、早期治療していきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ガン検査 生活
t-muroをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
wadai

コメント

タイトルとURLをコピーしました