2月3日は、節分で、恵方巻き?大量廃棄問題にせまります。!

2月3日は、節分で、「まめまき」です。でも、現在では「恵方巻き」が注目されるようになり恵方巻きは、もともと関西のものですが、全国区になっています。そして、比例するように、恵方巻きの売れ残りによる大量廃棄が問題となっています。

スポンサーリンク

恵方巻き大量廃棄問題の恵方巻きとは?

統計によりますと、2018年の節分で、「恵方巻き」を食べた人は、全国平均で、なんと、61.1%(ミツカン・愛知県半田市調べ)で、近畿地方では、70%を超えるそうです。

節分の季節になると、コンビニ・スーパー・デパ地下などでは、店頭に、必ずあります。

チラシや広告も目立ちます。

この効果もあり、全国区まで、幅を広げてきたんですね。

やはり、ここまで大きく成長した原因は、大手総合スーパーの販売の全国展開と強化です。

また、コンビニエンスの役割も大きいですね。

恵方巻きの意味と食べ方

恵方巻きは、関西地方が発祥の地といわれます。

食べ方は、節分に、その年の最良の方角(恵方といいます)を向いて、恵方巻きをたべます。

恵方巻きとは、太巻きずしのことで、細かく切り分けず(縁を断ち切らないようにという意味が

こめられています)無言で、願い事をしながら丸かじりすることがよいとされています。

恵方巻きが全国区になった背景と大量の売れ残り

代表的な大手総合スーパーに聞いてみました。

大手総合スーパー「イオン」に聞いてみると、関西方面では、25年ほど前から販売をしており、10年ぐらい前から全国の店舗で販売を強化してきたといいます。

売り上げが伸びた要因としては、前記しました食べ方にあるようです。

その年の恵方を向いて、何も話さずに一本まるごとたべきるということで、無病息災の祈願行

事化としなり、家族できがるに参加できるからです。

大手総合スーパー「イトーヨーカドー」は、恵方巻きが、関西方面で売り上げをあげていると

いう情報により、およそ20年前から首都圏で取扱いようになり、評判がよく、販売を強化しま

した。売り上げが年々、右肩あがりに伸びているといいます。

いまでは、夕食のメニューに加わり、より高品質を求めようとする需要が高まってきていると

のことです。

このように、恵方巻きは、大手総合スーパーの販売強化により、徐々に、広まり始め、販売競

争が激化し全国的に知られるようになっていったのです。

その結果が、恵方巻きの大量の売れ残りなり、大量の廃棄問題化していったわけです。

スポンサーリンク

恵方巻き大量廃棄問題となったきっかけ

問題視されたきっかけは、SNSでした。2017年に大量に廃棄された「恵方巻き」の画像が、アップされ、拡販していったということで問題となりました。

今年2019年1月11日、農林水産省は、7つの業界団体(日本チェーンストア協会、全国スーパーマーケット協会、日本生活協同組合連合会など)に対し、需要に見合った販売をするよう、文書で呼びかけをしました。

この文書で、2018年に、廃棄量の削減を成功させた例として「ヤマダストアー」(兵庫県)を優良事例に挙げ紹介しています。

事例、ヤマダストアーの廃棄対策

巻き寿司を作るとき、ほぼ100%店内で製造しています。その当日の売れ行き状況を把握・確認しながら、製造を調整していきます。計画での量と実際製造した量の差は、天候などさまざまな要因があります。店内での製造を調整するすることにより最小限に抑えることが出来ます。ということでした。

また、イトーヨーカドウでは、原材料の仕入れは、綿密に販売計画を立てます。商品の90%は、店内で製造し、当日の来客数をみながら製造量を調整しています。閉店時間が近くなったときは、値引き販売をして売り切る体制を取っています。そのため、ほとんど、廃棄はありません。そのほかに、予約販売の強化、ムダの削減に積極的に取り組んでいます。

恵方巻き大量廃棄問題の現在の廃棄量

日本フードエコロジーセンター(食品リサイクル事業・相模原中央区)で調べてみました。

1日で35トンの所品廃棄物が、スーパー、百貨店、食品工場から搬送されてきます。

節分の1週間前から、節分の翌日にかけて、量が通常の2倍ほど増えます。これは、恵方巻き関

係の食品廃棄物が増えたためではないかとみています。

恵方巻き大量廃棄問題の処分費用1兆円?

一般廃棄物の処分にかかる費用は、年間およそ2兆円といいます。

この内、40~50%も占めるのが、食品廃棄物の処分する費用なのです。

この費用は、私たちが納めている「税金」が使われているのです。

農林水産省と環境省は、2015年度の食品廃棄物(飼料含む)は、2842トン。この内、646トン

は、本来食べられるのに捨てられた食品ロスとなります。

ちなみに、今年2019年の恵方は「東北東」です。みんなで無病息災を祈願し、ぜひ、食べ残す

ことのないよう、恵方巻きを味わいましょう。

2月3日は、節分で、恵方巻き?大量廃棄問題にせまります!のまとめ

大手総合スーパーには、恵方巻きの行き過ぎた販売競争で、大量に売れ残るまで製造しないよ

うにしてもらいましょう。その結果、売れ残った恵方巻きの処理費用に、私たちの「血税」が

使われているのです。今年10月には、消費税10%、また、税金が上がります。私たちは、出

来る限りの努力で、ムダな税金を使わないように心がけしましょう。

なお、節分に、恵方巻き、個人的には、ちょっと馴染まないです。小さいころから「まめま

き」をして、「鬼は外、福は内」で、家内安全を願ってきました。そして、そのあと、家族み

んなで、自分の年の分、豆をたべる。この一連の行事をやらないと、今年1年落ち着きません

ね。みなさんは、どのような節分をしてお過ごしてでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット