羽生結弦怪我しすぎ四大陸は欠場!世界選手権出場もあぶない?

スポンサーリンク

羽生結弦選手(24)は、怪我しすぎと巷では、言われています。昨年12月24日の全日本選手権や先日の四大陸選手権を連続して欠場しました。今度、3月に行われる世界選手権の出場は、はたして出場可能なのでしょうか。その羽生結弦選手について現状を調べてみました。

[ad#co-1]

世界選手権大会2019日程

2019年3月20日(水)開幕 さいたまスーパーアリーナ

羽生結弦四大陸欠場も盛り上がり!

先日、フィギュアスケート四大陸選手権が終わりました。女子フィギュアスケートは、ショートプログラム5位からの紀平梨花選手の逆転V、続く男子フィギュアスケートもショートプログラム4位からの宇野昌磨選手の逆転Vで、盛りに盛り上がった大会でした。

紀平梨花選手と宇野昌磨選手は、それぞれに怪我を抱えての出場となり、怪我をもろともしない、精神力で逆転優勝を遂げました。怪我をかかえながらもこのような演技に集中をして素晴らしい姿を披露する、その心意気に感動し、また、結果にも再び感動します。フィギュアスケートは、怪我がつきものなのでしょうか?体を使うスポーツは、しょうがない、うまく、怪我と付き合うのも1番になる能力、わざなのかなと感じた大会でした。

この四大陸フィギュアスケートの盛り上がりのまま、3月の世界選手権に突入したいですね!

スポンサーリンク

羽生結弦選手は怪我しすぎ?

それでは、怪我という代名詞の羽生結弦選手は、3月にフィギュアスケート世界選手権が開催間近で、クローズアップされてきました。羽生結弦選手の出場は?です。どうなのでしょう。羽生結弦選手は、怪我しすぎなのでしょうか?今現在の状況が気になりますね。

羽生結弦選手は、最近、見かけなくなりました。

そのわけは、グランプリシリーズのロシア杯で練習中に怪我をして、右足首をけがしたにも関わらず、強行出場してしまったことです。結果としてロシア杯は、優勝はしましたが、その怪我の代償はとても大きかったのです。大切な2大会の12月6日のグランプリファイナル欠場、12月24日全日本選手権も欠場となってしまいました。

ということで、大事な大会を2連続するのは、怪我のしすぎと感じます。怪我とうまくつきあいながら、大会出場して結果を残す。それが、スポーツではないか、ぎびしいいい方かもしれませんが、今回の、紀平梨花選手と宇野昌磨選手をみてそのように感じました。

羽生結弦の怪我の回復具合は?

羽生結弦選手のコーチのブライアン・オーサー・コーチによりますと、世界選手権大会へ照準を合わせ準備しているとのコメントがあり、期待が持てる状況にあるみたいです。羽生結弦選手も、大会を楽しみにしているそうです。

さらに、ブライアン・オーサ・コーチにうかがうと、練習内容については、秘密ということで明かされませんでしたが、けがをしてる右足首の具合については、理学療法で回復していると述べました。練習については、先月下旬(1月)から再開し始めたとのことです。

羽生結弦選手の世界大会出場の可能性は?

フィギュアスケート世界選手権大会は、怪我が治ったから、出場します。という大会ではないのです。

世界選手権世界大会選考基準2019

まず、出場枠があり、日本の場合、「3人」です。

1人目」は、「全日本選手大会」で、優勝することです。

2人目」は、①全日本選手権大会の2位と3位。

        ②グランプリファイナル出場の上位2人。

                    ③全日本選手権大会終了時点の世界ランキング上位3人から総合的に判断します。

3人目」は、①2人目の選考に漏れた選手。

                ②世界ランキング上位3位選手。

        ③全日本選手権終了時点で今季のベストスコア上位3人から選ばれます。

以上からわかるように、全日本選手権大会」は、必須!です。

しかし、怪我などにより、出場が出来ない場合は、過去の世界選手権3位以内の実績がある選手は、この成績を考慮して、選考する場合があります。

それで、羽生結弦選手は、一昨年、昨年と、この必須条件である「全日本選手大会」を欠場しているのです。一昨年は、インフルエンザ、昨年は、右足首の怪我です。

ということなので、現時点で、羽生結弦選手が、12月21日開幕の「全日本選手権」が世界大会選手権の最終選考会をかねた大会を欠場していることから、過去の成績から総合的な判断が必要となるため、出場できるのかどうか、と、右足首の怪我の回復状況の具合を見なければ、なんとも言えない状況です。

羽生結弦怪我しすぎ四大陸は欠場!世界選手権もあぶない?のまとめ

羽生結弦選手の世界大会出場は、今現在なんとも言えない状況にあります。本人からも、今のところ、コメントもありません。出場の可否は、総合的な判断を待つしかないですし、おそらくは、過去の実績からみれば大丈夫のように見えます。やはり心配なのは、足首のけがの回復状況が気になるところですね。羽生結弦選手が世界選手権に出場となれば、これほどの大会の盛り上がりはないでしょう。四大陸の逆転Vの宇野昌磨選手は、自分が1位になって国歌を聞きたいと言ってました。このふたりの熱い戦いを楽しみに待ちたいですね。

[ad#co-4]

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット