池江璃花子、体がだるい!早期発見、白血病?

突然、衝撃的なニュースが飛び込んできました。競泳女子の池江璃花子選手(18)が、自らのツイッターで「白血病」と公表しました。なにがどうしたのか動揺してます。池江璃花子選手は、現在、オーストラリアで合宿中の予定ですが、何があったのでしょう。

スポンサーリンク

池江璃花子選手突然の病気判明に動揺!

池江璃花子選手は、1月18日から2月10日の間、オーストラリアで合宿のはずでした。

合宿中に、見たこともないような肩で息をするような呼吸あり、本人からも体調の不良の訴えがあり、現地の病院で検査をしたところ、帰国をして再検査をすすめられました。

そして、2月8日に緊急帰国し、病院で検査を受け、その結果、「白血病」と診断されたとのことでした。医師は、「早期発見ができた」との報告を受けました。

現在、池江璃花子選手は、入院中とのことです。

池江璃花子の今現在の思い

この4月の日本選手権に向け、一生懸命に練習をしている最中の出来事でした。

池江璃花子選手は、自身のツイッターで、「白血病」と告白し、自分自身、未だに信じられず、混乱している状況です。と述べています。病名の公表は、本人自らの意思だといいます。

今の心境では、この一文が精一杯なはずですが、続きます。

今後の予定としては、日本選手権の出場を断念せざるを得ません。

と残念な胸の内を明かしてくれました。そして、

治療に専念して、1日でも早く、また、さらに強くなった池江璃花子をみせられるよう頑張っていきたいと思います。これからも暖かく見守っていただけると嬉しいです。

とも述べています。

今の心境は、とても計り知れない状況の中にいて、ここまで、述べられる精神の強さを感じ取ることができます。

ほんとうに、残念でなりません。

日本水泳連盟の会見内容

2月12日、日本水泳連盟は、池江璃花子選手の病気の結果を受け、都内で会見を行いました。

出席者は、日本水泳連盟・青木剛会長、上野広治副会長、ルネサンスの吉田正昭代表取締役社長執行役員、三木二郎コーチの4名です。

会場には、およそ1,000人以上の報道陣が集まり、衝撃の大きさを感じます。

ルネサンスの吉田社長が、冒頭に、池江璃花子選手の病気の発端を説明しました。オーストラリア遠征中に体調不良を訴え、帰国後に検査を受け、病気が発覚した。

次に、上野副会長が、厳しい道のりになる。2020年の東京オリンピックのの選考会のスタートに立てるように見守っていきたい。

記者からの質問で、病気の詳細を聞かれ、今の現状でお話できるのは、白血病だということ。とだけ述べました。

そのときの心境も聞かれ、信じられなかった。思いもよらない出来事で、本人もショックを受けていたといいます。

三木コーチは、びっくりしている。本人の病気に立ち向かうモチベーションには、頭が下がる。と述べました。

池江璃花子だるい!早期発見白血病?のまとめ

信じられない出来事が起きました。来年に東京オリンピックを迎え、そのために一日一日、歯を食いしばるほどの練習を重ね、力を貯めている最中に。本人は、とても残念に思っていることでしょう。でも、言葉には、ひとことも悔しさや、残念さを表現していません。表現しないその気持ちを思うと、いたたまれません。いちファンとして、一日も早く、回復することを願うばかりです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット