2月21日北海道で地震発生!、震度6弱、被害は?

出典:JIJI.com

2月21日(木)21:22頃、震源は、北海道胆振(いぶり)地方中東部。厚真(あつま)町が最大の震度「6弱」、震源の深さは33km、地震の規模マグニチュード5.8と推定されると気象庁から発表されました。を観測しました。北海道厚真(あつま)町は、昨年2018年9月6日、最大震度7が発生し42人が死亡しています。

スポンサーリンク

2月21日北海道地震、被害状況

北海道対策本部によりますと、今現在時点で、この地震によるけが人や家屋の倒壊などの被害情報ははっていないということです。

新冠町では、土砂崩れの情報が入っています。

自衛隊からは、厚真(あつま)町の佳の地区などで雪崩が発生したとのことです。

厚真(あつま)町では、昨年9月に続いての強い揺れの地震にみまわれて、、現在も110世帯でわたり断水をしています。

2月21日北海道地震、気象庁の見解

気象庁・松森敏幸地震津波監視課長は、「地震活動は当分続き、同じ程度か一回り小さい地震が起きる可能性があり、家屋の倒壊や土砂災害などに注意してほしい」と述べました。

今回の地震は、昨年9月の厚真(あつま)町の震度7の北海道胆振(いぶり)東部地震の余震活動との見解を示しました。

北海道電力の被害

北海道電力は、昨年2018年9月6日に発生した地震の際、厚真町にあります苫東厚真火力発電所、ならびに泊町にある泊原子力発電所(現在停止中)は、どちらも「緊急停止」してしまって聞きなれない「ブラックアウト(大規模停電)」となってしまったが、今回の地震では、影響が出ていません。

交通機関の被害状況

国土交通省は、JR千歳線で、合計5本の列車が停車、乗客680人が車内に缶詰め状態となりました。

JRと地下鉄の運行見合わせとなり、JR札幌駅では、21日深夜まで運行再開を待つ人で渋滞しました。駅前のタクシー乗り場では、長蛇の列となりました。

北海道新幹線は、一部の区間においておよそ15分間、運転の見合わせを行いました。

札幌市営地下鉄は、21日中の運転を取りやめました。午前5時すぎ全線、運転を再開しています。

新千歳空港は、大きな被害がなく、JRで移動が出来なくなった人が、一晩夜を明かしましたが同日中に滑走路を再開しています。

2月21日北海道で地震発生!震度6弱、被害は?のまとめ

現在のところ、大きな被害などの情報が入ってはいませんが、昨年9月の地震では、電力が一斉に停止してしまった「ブラックアト(大規模停電)」になり、北海道全体がパニックに陥りました。今回では、不幸仲の幸いで、一瞬停電は、したものの、すぐに復旧したことは、この寒い時期の雪がある状況の中、意味が大変大きいと思います。

今後も引き続き注意をしていただき、被害のないことをお祈りいたします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット