東京マラソン2019スタート!招待選手の大迫選手途中棄権か?

2019年3月3日、今日はひな祭りですね。その一方で、東京マラソン2019がスタート!雨がふりしきり、気温も10度を下回るコンディション。なんと想定外の出来事が・・・日本記録保持者の大迫壊傑選手が29キロ地点で途中棄権!。

スポンサーリンク

東京マラソン2019レース結果

男子 1位 ビルハヌ・レゲセ (エチオピア) 2時間4分48秒

女子 1位 ルティ・アガ (エチオピア) 2時間20分40秒

日本人男子 1位 堀尾謙介 (中央大) 2時間10分21秒

日本人女子 1位 一山麻緒 (ワコール) 2時間24分33秒

東京マラソン2019男子レース結果、順位表

1位 ビルハヌ・レゲセ(エチオピア)      2:04:48

2位 ビダン・カロキ(横浜DeNA)        2:06:48

3位 ディクソン・チュンバ(ケニア)      2:08:44

4位 サイモン・カリウキ(日本薬科大)     2:09:41

5位 堀尾謙介(中央大)            2:10:21 NGC出場決定

6位 今井正人(トヨタ自動車九州)       2:10:30 NGC出場決定

7位 藤川拓也(中国電力)           2:10:35 NGC出場決定

8位 神野大地(セルソース)          2:11:05 NGC出場決定

9位 高久龍(ヤクルト)            2:11:49

10位 一色恭志(GMOアスリーツ)       2:12:21

15位 中村匠吾(富士通)              2:14:52

16位 佐藤悠基(日清食品グループ)       2:15:07

 -  大迫傑(ナイキ・オレゴン・プロジェクト) 途中棄権

東京マラソン2019招待選手の大迫選手スタート

スタート直前の都庁前、気温6.5℃、湿度53%、北西の風1.8メートル、そして冷たい雨。

招待選手の大迫選手、木滑選手、中邑選手らがスタートラインに並びます。

そして、小池都知事の合図とともに、9時10分、スタート!

【スタートから1キロ地点】を、先頭集団が2分48秒で通過します。少し早目のペースで、集団は、縦長となります。

スポンサーリンク

【中間地点】先頭集団、1時間2分2秒で通過。

先頭は、ビルハヌ・レゲセ(エチオピア)、ビダン・カロキ(横浜DeNA)。

佐藤選手、中村選手、大迫選手の順で、集団の最後尾の位置。

第二集団は、先頭から1分25秒の遅れで、設楽選手、堀尾選手がいます。

【28キロすぎ】大迫選手が遅れ始める。堀尾選手、藤川選手らの集団に抜かれました。

【28.8キロ】大迫選手が走るのを断念し、歩き始めます。

【29キロ】大迫選手は、途中棄権しました。

【30キロ】ペースメーカーが外れます。

先頭はカロキ選手、レゲセ選手。次にチュンバ選手。

次に佐藤選手、中村選手、藤川選手、高久選手、堀尾選手、定方選手、今井選手の順。

【32キロすぎ】中村選手に堀尾選手、藤川選手、高久選手が追いつきます。

【35キロ】先頭はレゲセ選手、19秒おくれてカロキ選手。

次に佐藤選手、38秒おくれて堀尾選手、藤川選手、高く選手、今井選手、定方選手、一色選手、神野選手の順。

【40キロ】先頭はレゲセ選手、つぎにカロキ選手、チュンバ選手、堀井選手、今井選手、藤川選手、神野選手、一色選手の順。

【ゴール】40キロの順でゴール。

男子結果

1位は、ビルハヌ・レゲセ(エチオピア) 2時間4分48秒。

日本人1位は、堀尾謙介(中央大) 2時間10分21秒。

東京マラソン2019の見どころ

なんといっても、最大の見どころは、大迫傑(ナイキ・オレゴン・プロジェクト)選手です。

マラソングランドシップ(MGC)の中邑匠吾(富士通)選手、木滑良(MHPS)といったファイナリ

ストがエントリーしていますが、2018年シカゴマラソンで日本記録を樹立、走るごとに自己ベ

スト更新を誇ります。

東京マラソンは、アップダウンの少ない「高速コース」と呼ばれるだけに、誰もが日本新記録

の記録更新に期待を膨らましていましたが、なんと、想定外の28キロ地点で「途中棄権」しま

した。

東京マラソン2019スタート!招待選手の大迫選手途中棄権か?のまとめ

大迫選手の想定外の途中棄権は、ありましたが、あらたに希望が湧く出来事が、そのあと待っ

てました。これも想定外!初マラソンで現役大学生の堀尾謙介(中央大)選手が、2時間10分21秒

で、日本人トップを収め、MGCの出場権を獲得しました。さらには、日本人2位の今井選手、

同3位の藤川選手、同4位の神野選手が、そろってMGCの出場権を獲得しました。これも想定外

の結果に、日本中が沸き立ちました。

とても感動した東京マラソンでしたね。しかし、1位になったエチオピアのビルハヌ・レゲセ選手は、早すぎませんか?

これが世界のレベル!見せつけられました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする