郷司利也子、試合決定!進退をかけ実力を全部出し切りたい

プロボクサー郷司利也子(ごうし りやこ・36)選手が、都内で記者会見し、3月13日(水)細田めぐみ(36)選手とミニマム級4回戦の試合を、東京・後楽園ホールで行うと報告しました。郷司選手は、3月11日37歳となります。どのような試合になるのか楽しみですね。

スポンサーリンク

郷司利也子、試合日時

2019年3月13日(水) 18時開始 (第3試合)

東京・後楽園ホール

郷司利也子、試合の意気込み

この日、3月5日は、気合を入れる為と言って、2014年9月の試合で「コスプレ」は最後でし

た。それから4年半ぶりとなる「コスプレ」を披露しました。本人いわく、自分の原点は、セ

ーラー戦士!と言い切り、セーラー戦士のように、かっこいい女性になりたいと思って格闘技を

続けてきた。原点に戻ってみました。と、今度の試合に挑む意気込みを話しました。

今度の試合は、3月13日に行われますが、その2日前が、郷司利也子さんの37回目の誕生日な

のです。

37歳という年齢ですが、まったく体力の衰えを感じせさせない。むしろ元気!と答える。

しかし、連敗続きの時は、ボクシングから離れることも考えたといいます。

でも、「ボクシングが好き」と語る郷士利也子選手、ほんとうにボクシングが好きで好きでや

められないとも。

そのような郷司利也子選手ですが、このたびの試合は、37歳になっています。

プロボクシングライセンスでは「定年」を迎えることになるのですが、

日本ランカー(1月ランキングミニマム級8位)の特例除外を受け現役を続行。

ただ、試合内容が良くない、負け方が悪いなどで引退勧告の恐れがあり

一戦一戦が引退という背中合わせの戦いとなります。

本人は、「実力を全部出し切る!」と力強い言葉を発しました。

スポンサーリンク

郷司利也子プロフィール

郷司利也子(本名・ごうし りやこ)

旧芸名およびリングネーム・松島利也子(まつしま りやこ)

1982年3月11日生まれ、36歳、神奈川県川崎市多摩区出身、

A型、160cm、50kg、93-60-86(2014年4月10日時点)、モデル、

ボクサー(川崎新田ボシングジム)、タレント(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)

プロボクシング戦績、7試合、3勝4敗。

2008年11月11日、デビュー戦。対 黒田陽子、TKO負け。

2009年4月7日、対 花形冴美、TKO負け。

2010年、右肩脱臼のためプロボクサーを休業。

2014年、リングネームを本名・郷司利也子(ごうし りやこ)に変更。

2014年4月10日、対 タナワン・シットサイトーン、3-0の判定勝(初勝利)。

2014年9月17日、対 カニタ・サックナロン 3-0の判定勝。

2015年1月29日、対 カニタ・サックナロン再戦 2-0の判定勝。

2015年4月24日、対 下岡由美子 0-3の判定負け。

2015年8月7日、対 日向野知恵 TKO負け。

郷司利也子、試合決定!進退をかけ実力を全部出し切りたいのまとめ

いままで何度も体を壊しながら、また、試合のたび、減量との戦い、自身のブログでも、減量の辛さを綴っていました。

今回の試合は、ちょっとブランクがあり気になるところですが

そこは、「コスプレ」で大いに盛り上げていきましょう。

そして、郷司利也子選手からの「おしらせ」です。

試合当日のトランクスに注目です。

お気に入りのトランクスで、ちょっと派手目らしいです。期待しましょう!

ぜひ、セーラームーンの戦いを見せていただきたいと思います。応援しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット