震度4、和歌山・徳島で発生!津波や被害などの状況は?

スポンサーリンク

3月13日午後1時48分ごろ、和歌山県、徳島県で最大震度4を観測、マグニチュードは5.2。震源の深さは、およそ50kmで震源は、紀伊水道。この地震による津波の心配はありません。震度4を観測した地域は、和歌山県北部、和歌山県南部、徳島県北部、徳島県南部です。

[ad#co-1]

震度4、震源「紀伊水道」とは、和歌山・徳島被害状況

震源の「紀伊水道」は、北緯33.8度、東経134.9度にあります。

この「紀伊水道」を震源とするマグニチュード5以上の地震が発生したのは、2018年11月2日

以来で、それ以前は、30年ほど発生していませんでした。

震度4、和歌山の被害状況

・和歌山市内では、「どん」と突き上げるような揺れを感じたあと、激しい横揺れが10秒ほど

続きました。

・棚から物や本などが落ちました。

・いつもと違う揺れを感じた。

けが人

・白浜町では、80代の女性が自身の揺れに驚き転倒して顔に軽いけがをしました。

・橋本市では、70代の女性が揺れに驚いて飛び起き、足に軽いけがをしました。

交通の影響

・JR紀勢線が和歌山駅-紀伊田辺駅間と和歌山線で一時、運転を見合わせをしました。

徳島県

徳島県では、地震直後、「とくしまゼロ作戦課」に災害対策本部を立ち上げ、県庁の関係部署

や市町村からの被害情報の収集にあたりましたが、特に被害の情報はなく、午後5時に連絡本

部は解散しました。

関西空港は

国土交通省の関西空港事務所によると、外の情報は無く、平常通りの運航となっています。

[ad#co-2]

愛媛県伊原原発

四国電力によりますと、愛媛県伊方町にある「伊方原子力発電所」では以上の確認はされてい

ないということです。

スポンサーリンク

南海トラフとの関連性は?

今回の地震は、和歌山気象台の中野雅公防災管理官は、震源の深さや地震のメカニズムなどか

らの判断では、今回発生した自身は、「南海トラフ」の巨大地震が懸念されているプレートの

協会で起きたものではなく、陸側のプレートが下に沈み込むフィリピン海プレートの内部で起

きた地震とみられると指摘しています。

震源が、紀伊水道で、陸側に近く深い場所のため、広範囲に揺れが観測されたようです。

京都大学 梅田康弘名誉教授によれば、南海地震が近づいてくると、フィリピン海プレートの

中、ユーラシアプレートの中、というところの地震が増えてきます。そういう意味では、南海

トラフが近づいてきていると語っています。

震度4、和歌山・徳島で発生!津波や被害などの状況は?のまとめ

地震予知は、専門家でも難しい。

気になる「南海トラフ」

日頃からの、備えを十分にして対応するようにしましょう。

[ad#co-4]

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット