【速報!茨城県初の感染者】を確認!誰がいつどこで?新型コロナウイルス

スポンサーリンク



2020年3月17日午後14:30ごろ、茨城県内で初となる新型コロナウイルス感染を確認したと報道がありましたた。感染者は、茨城県内在住者でひたちなか市在住の会社員で、イタリアから帰国したということです。

スポンサーリンク



茨城県二人目の感染確認、詳細分からず

3月18日夕方、茨城県は、県内2人目となる感染を確認したと発表をしました。

2人目の感染が確認されたのは、

・20代の男性

・県内在住

・職業不詳

この男性は、3月上旬から欧州の旅行中に発熱を発症し

3月16日、帰国。

3月17日、保健所の指示で「帰国者・接触者外来」を受診。

3月18日、PCR検査を実施、「陽性」の判断を受けます。

現在、男性は、感染症指定医療機関に入院中で、軽症とみられています。

さらに、

茨城県は、男性の両親と旅行の同行者が濃厚接触者として詳しく調べています。

茨城県初の感染者を確認

3月17日、茨城県の大井知事が、会見し公表した内容を紹介します。

茨城県内では、初めての感染者を確認しました。

その感染者は、茨城県ひたちなか市在住、日立製作所水戸事業所勤務の30代の男性。

イタリアに2月24日~27日にかけて出張していて帰国したということです。

茨城県初の感染者が確認されるまでの経緯

この男性は、先月の2月に、イタリアのトスカーナ州へ出張していました。

そして、2月28日に帰国していました。

この男性は、イタリアからの帰国後、会社に出勤の際は、マスクを着けて

おり、昼食などでは、自席で1人でとっていたということです。

帰国後、しばらく経過しての

3月5日、37度代の熱を発症しました。

翌日の6日、熱は、36度台位に下がりました。

3月12日、ふたたび37度台に発熱。

3月16日、「帰国者・接触者外来(ひたちなか保健所)」を受診します。

3月17日、PCR検査の結果、新型コロナウイルスの感染が確認されました。

茨城県初の感染者を確認後の状況

茨城県によりますと、その男性は、症状として

「せき」や「頭痛」があり、現在、県内の感染症医療機関に入院しています。

症状は、軽いとしています。

この感染が確認された男性と出張が一緒だった社員は2人。

同じくひたちなか市に住んでいます。

現在、自宅待機をしています。

茨城県初の感染者を確認!今後の対応

茨城県は、今後の対応として、感染した男性の家族についても「PCR検査」を行います。

茨城県の大井川知事は、このように話しました。

「患者の関係者や濃厚接触者を徹底的にフォローして、クラスター化するのを防ぐことを指示

した。県民には、冷静に対応してもらいたい」

茨城県初の感染者を確認!日立製作所の対応

この男性が勤務していた日立製作所水戸事業所は、感染が確認されたことを受け

日立製作所の広報・IR部は、出張の目的や内容は、現在確認中。

2月26日付けで国内外の出張は原則自粛していると言います。

そのうえで、同じ建物において、働いています約1,000人の従業員について

3月17日の定時を持って「自宅待機」としたと表明しました。

茨城県初の感染者を確認!いつどこで?新型コロナウイルスのまとめ

ついに!

という感じで、関東での唯一、新型コロナウイルスの感染が無かった

茨城県においても、感染が確認されました。

ただ、イタリアからの帰国者ということなので

日本国内での、市中感染ではないのでしょう。

まだ、少し、すくわれる状況なのではないかと思います。

2月26日付けで会社は、国内外の出張を原則、自粛としていて、

感染が確認された男性の出張の目的、内容は、確認中の事ですが、

この時期に、「出張」させている会社自体、どうかと思われますが・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット