ICクレジットカードの正しい廃棄方法!知らないと突然?

スポンサーリンク

ICカードやICクレジットカードの正しい廃棄の仕方知ってますか?たぶん、誰も正しい廃棄方法を教えてもらっていないですね。覚えがありますか?「IC」が入っているので正しく廃棄しないと思わぬ事態となる可能性があります。この「IC」がポイントです。理解しましょう。

[ad#co-1]

ICクレジットカードの正しい廃棄方法!なぜやるの?

ICクレジットカードを正しく廃棄しないと、「不正使用」される可能性があるからです。

不正使用は、クレジットカードの拾得・盗難・スキミング・個人情報流失が主です。

不正使用を防止するための一歩。それは、正しい廃棄方法を理解し把握することです。

では、早速、本題に入りましょう。

ICクレジットカードの正しい廃棄方法!ICクレジットカードの構造を知る

ICカード表面(ICチップ) ↑

ICカード裏面(磁気あり) ↑

ICカードには、「接触型」「非接触型」の2種類があります。カード表面にICチップが見えるのが「接触型」、見えないのが「非接触型」です。

「接触型」「非接触型」の違いは、カード読み取り機側の読み取り端子が接触するタイプが「接触型」無線で通信するタイプが「非接触型」です。

ICカードの金融向けには、デビットカード・クレジットカードがあります。

日本では、読み取り端末の普及が遅れていて、現在、ICカードには、「ICと磁気両方を搭載」しているのが主流となっています。

ICクレジットカードには、「ICチップ」があります。

この「IC(集積回路)チップ」は、データの記録や演算を行い扱える情報量がとても多いのが特徴となります。

スポンサーリンク

ICクレジットカードの正しい破棄方法!

ポイント 「ICチップ」と「磁気」の両方を正しく処理します。必須!

【磁気】

・ハサミでとにかく細かく切ります。特に「磁気」(黒い部分)と英数字の部分は、意識して細かく

【ICチップ】

・ハサミで、ICチップの部分をできれば細かく切ります。

【廃棄処理】

切ったICカードをひとまとめにせず、複数のゴミ袋に分配し破棄します。

※切ったカードを復元できないようにすることです。

ちなみに、ICクレジットカードを作った時に、同時に「ETCカード」申し込んだ方は、破棄する場合は、以上のような手順で同様に破棄するようにしてください。

 ICクレジットカードの正しい廃棄方法!しらないと突然!のまとめ

ひとことにICカードと言っても、さまざまな種類があります。

まずは、どのようなカードなのか、理解する必要がありますね。

そして、そのカードにあった廃棄の仕方がありますので、しっかりとポイントを押さえていた

だき、処理を行いましょう。

これは、自分自身の資産を守るとても大切なことです。

今回は、「ICクレジットカード」について、取り上げ説明をしました。

現代でカードは、見かけだけでは判別がつきにくい状況であることが

お分かりできたかと思います。

ただのカードと判断せずに、正しい廃棄方法であなたの資産を守りましょう。

正しい廃棄をしていないと、ある日、突然、身に覚えのない請求が・・

関連記事>>>クレジットカード最新情報2019必見!絶対にあなたの資産を守る方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット