リレーアタックの対策をやっとトヨタがやり始めた!その中身とは?

スポンサーリンク

リレーアタックとは車両盗難の一つの手法です。トヨタがやっと対策に動き出しました。リレーアタックは、スマートキーを使用している車種が盗難する対象となります。なんと数秒でくるまがいとも簡単に盗難されます。トヨタの対策の中身とは?調べました。

トヨタのリレーアタックの対策とは

トヨタ自動車のホームページの「お問い合わせ・よくあるご質問」のなかを

覗いてみると、「その他のご質問」で公表されています。動画もあり。

Q:「リレーアタックによる車両盗難に対する応急対策はあるか」

A:下記の方法で、スマートキーの電波を遮断することがリレーアタック対策に有効です。

①スマートキーを「節電モード」に設定し、電波の受信待機を停止する。

<節電モード設定方法>

スマートキーの施錠ボタンを押しながら、解錠ボタンを2回押します。

インジケーターが4回光り、節電モードの設定が完了します。

(節電モードを解除するには、スマートキーのいずれかのボタンを押してください。)

なお、節電モード設定中はスマートエントリー&スタートシステムは使用できません。

節電モードとは、スマートキーの電池消耗が気になるお客様にお薦めしている方法ですが、

リレーアタック対策にも有効です。

車種により、節電モードの設定が出来ないものもあります。

②スマートキーを金属製の缶などに入れ、電波を遮断する。

(電波遮断キーケース等がカー用品店などで販売されています。)

その他、タイヤやステアリングを物理的に動かないようにする、カーロックやステアリングロ

ック等の防犯グッズも防犯効果が高まります。

<節電モード設定方法(動画)>

スマートキーの節電モード設定方法を、こちら(動画)でご紹介しています。

引用:トヨタ自動車HP

他自動車メーカーの対策は

なんとも言いようがありませんが、リレーアタックの対策をしているのは、

ほかには、スバルだけでした。

対策の仕方は、トヨタと同様にスマートキーの節電モードに設定する方法です。

スバルの「節電機能」は、 最新のSUBARU車(GT型インプレッサ、SK型フォレスター)

です。

スポンサーリンク

とりあえずのリレーアタック対策4つ

①節電モードに設定

現在の所、この機能があるのは、2社のみ。

トヨタ車は、2013年以降~

スバル車は、2016年以降~

<節電モード設定方法>

スマートキーのドアロックボタンを押す

ロックボタンを押したままロック解除ボタンを2回押す

スマートキーのインジケーターが4回点滅して設定終了

②リレーアタック防止ポーチを利用

スマートキーを入れる専用ポーチ

③携帯灰皿の利用

100均で売られているもので、蓋がホック式で内側にアルミ箔のもの

専用ポーチは、1000円前後するが、100均だと安価で済む。

④従来からある盗難防止用のセキュリティーグッズの利用

ハンドルロックなど。

そのほかに、簡単なものとしては、スマートキーをアルミ箔でまるごと包む方法も

ありますが、めんどうだし見栄えも良くありません。

また、蓋つきの空き缶のなかに保管する方法もありますが、電波を完全に遮断するのには

少し難があります。

リレーアタックの対策をやっとトヨタがやり始めた!その中身とは?のまとめ

スマートキーが発信している微弱な電波を悪用した車両盗難の手口「リレーアタック」

社会問題化する中、なかなか自動車メーカーが積極的に対応しませんでしたが

やっとトヨタ自動車が現状を認め、正式にホームページで「リレーアタック」

についての対策方法を公表しました。

リレーアタック対策としては、スマートキーの電波を止めてしまえばいいことなのですが

最近まで、自動車メーカーは、知ってか知らずか無反応でした。

このトヨタが公表したことは大きな出来事です。

他の自動車メーカーも追随していただきたいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット