千島列島で6月22日噴火!影響は航空機の飛行ルートに及ぶ可能性が?

スポンサーリンク

日本時間、6月22日(土)未明に千島列島の雷公計島・ライコケとう/ライコークが噴火し、噴煙が、およそ13,000メートルの高さまで達したようで、気象衛星ひまわりからの画像からも分かります。噴火場所と噴火の影響について調べてみました。

[ad#co-1]

千島列島で6月22日噴火!雷公計島の場所

引用:ウェザーニュース

千島列島の雷公計島・ライコケとう/ライコークの噴火状況

気象衛星ひまわりの画像、噴煙は、東側に流れていきます。

雷公計島は、火山島で標高が551mあります。

直近の噴火は、今から95年も前の1924年に噴火をしていて、この周辺は

カムチャツカ半島から千島列島まで火山活動が活発な地域です。

スポンサーリンク

千島列島で6月22日噴火!影響は航空機の飛行ルートに及ぶ可能性が?

噴火による影響としては、2つ考えられます。

1つ目は、飛行機の飛行する高度の影響です。

噴火による噴煙がおよそ13,000メートルまでたっしているとの情報です。

国際線の航空機は通常、高度10,000~13,000メートルを飛行します。

この地域は、アジアと北米を結んでいる主要の航空路です。

国際線をご利用予定の方は、運行状況の確認をしてください。

2つ目は、噴火の噴煙自体の影響です。

噴火により多量の火山灰を含んだ中を飛行すると、それをエンジンが吸い込んだ場合、

出力低下もしくは停止したり、窓ガラスに火山灰により傷が生じて見通しが悪化し

重大な影響を及ぼす可能性があります。

噴煙は、西風に流されているようで、島のはるか東側に拡散していってますので、直接、本州

に流れてきて影響を及ぼすことはなさそうですね。

千島列島で6月22日噴火!影響は航空機の飛行ルートに及ぶ可能性が?のまとめ

千島列島は火山活動が活発な地域なんですね。

国際線の航空機の主要のルートになっています。

火山灰による航空機の影響がとても心配されます。

この地域のルートを利用する予定の方は、

必ず、運行状況の確認をしてくださいね。

空の安全をお祈りします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット