シルバーモンスター急増中!団塊モンスターも脅威どうする?

スポンサーリンク



「シルバーモンスター」を知ってますか?だいたい想像がつくとは思います。そうです!。高齢者のクレーマーのことです。高齢者と言われる65歳以上(シルバー)の方が急増。2018年は前年より44万人も増加。シルバーモンスターも増加しています。どのような状況なのでしょうか。

[ad#co-1]

スポンサーリンク



そもそもシルバーモンスターとは?

「モンスター」という言葉で一躍有名となったのは、モンスターペアレントでしょうか?

調べてみると、1990年後半から増え始めたといいます。いわゆる校内暴力が盛んな時期で、世間は、バブル期の中、学校の先生方に対してクレームをつける。

それから、およそ20年が経過し、その間、「モンスターペイシェント」は、病院のお医者さんや看護師さんを対使用にします。これも大きな病院などに行くと、館内放送で、繰り返し放送し注意喚起をしています。暴言・暴力等・・

遅くなりましたが、「シスバーモンスター」ですが、今までのいろいろな職業に対するクレームとは、ちよっと違いがある。高齢者によるクレーマーがモンスター化したものです。

冒頭でも、少し触れましたが、高齢者の割合と、増加するスピードで、いまや3.5人に一人が65歳以上となっているのです。

65歳以上の高齢者の犯罪の割合

「犯罪白書」(2016年版)では、2016年の刑法犯検挙者の内、65歳以上の高齢者は、全体の20.8%を占めます。これは、他の年齢層と比較すると最も多いのです。

この結果は、20年前の約40倍となります。

いまや「シルバーモンスター」は、社会問題化しているのです。

クレーム=暴力事件とはいいきれませんが、どちらも元をたどっていくと根っこは同じとみられています。

シルバーモンスターの原因は

・自分の居場所がない。鬱屈した感情を抱え込んでいる。

・退職後などにより孤独感を深めた、現役の時身に着けた専門技術を社会で生かす場がない、自分の存在感を示したい。

・自分の間違いを認めない

疎外感・孤独感、焦りなどが怒りとなっています。

この満たされない「思い」(感情)が、クレームという形で表現しているのだそうです。

2025年問題とは、「団塊モンスター」

2025年には、団塊が75歳を超え、後期高齢者となるのです。「超高齢化社会」です。

国民の約3人に一人が65歳以上、5人に一人が75歳以上となります。

介護・医療費などの社会保障費が急増します。

そして、この団塊世代の人たちは、前記した「シルバーモンスターの原因とは?」の中で

の「原因」と全く一致してしまう企業戦士たちで、仕事一筋、激化する競争社会の中で身に着

けた交渉力「相手を論破しようとする」が特徴の「団塊モンスター」です。

正論で意見しながら、しだいに説教へとエスカレートする。

このシーンを最近テレビでやネットで見にかけませんか?

「正論ジイサン」

全くその通りですよね。

これから、このような人たちが急増していく世の中になるのです。

シルバーモンスター必勝術!あなたを守る10か条のまとめ

高齢者が想定外のスピードで増え続けているという事。

「超高齢者」時代を迎えること。

高齢者65歳以上の犯罪が、最も多いという事。

疎外感や孤独感を感じる「シルバーモンスター」は、誰にでもおこりえることですね。

さらに超高齢者の「団塊モンスター」。

高齢者は「私は、こうはなりたくない」という反面教師の心構えを常に持ち続け、

若者から超高齢者まで楽しく生きていける社会になるといいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット