びわアレルギー?給食で食べた児童11人が救急搬送!

6月6日午後1時25分ごろ、東京都大田区久が原の区立松仙小学校で、給食で出されたびわを食べて児童11人が体調不良を訴え、救急車で病院に搬送される事件が発生。いずれも症状は軽いということです。

スポンサーリンク

びわアレルギー?発生状況

6日午後1時25分ごろ、東京都大田区久が原の区立松仙台小学校で、男女30人の児童が体調不

良などを訴え、119番通報がありました。

太一用不良の主な症状は、体に発疹がでたり、かゆみ、腹痛などです。

児童11人が病院に搬送されましたが、いずれも軽症とのことでした。

現在、同小学校では、校内の給食室が工事中とのことで、この日、児童側は弁当持参で、学校

側は給食として「びわと牛乳」を提供していました。

大田区教育委員会によると、原因は、牛乳は毎日くばっているので、びわが原因でアレルギー

症状が起きた可能性があると話し、調査しています。

スポンサーリンク

びわアレルギー?バラ科の果物と花粉症の関係

果物アレルギーは、大きく2つに分かれます。

一つは、即時型で、じんましんやせきなど全身に症状が伴います。

二つ目は、今回のケースで「口腔アレルギー症候群」の口のなかだけに症状が出る。

国民生活センターによると、花粉症の患者がびわなどのバラ科の果物を食べた際に、唇が腫れ

たり、のどがかゆくなったりする、口腔アレルギー症候群を発症する場合があるといいま

す。

口腔アレルギー症候群とは、口の中野粘膜に果汁が接触すると起きます。

食べてから、15分以内に症状が出る場合が多いそうです。

大抵は、時間経過とともに症状は無くなりますが、まれに、アナフィラキシーショックとよば

れる重篤な症状(意識消失・血圧低下)になる場合もあります。その際は、早急に医療機関の受

診をしてください。

「びわ」は、バラ科の果物に属します。

びわアレルギー?給食で食べた児童11人が救急搬送!のまとめ

花粉症とバラ科の果実アレルギーの組み合わせにより、口腔アレルギー症候群の症状

を引き起こす場合があることが分かりました。

このたびの小学校での事件では、幸いなことに太一用不良を訴えた児童は、

みなさん軽症でなによりでした。

食べ物一つでこのような使用時用が出ることを常に心がけていきたいですね。

みなさんも、特に花粉使用の方は、果物を食べる時には、

ちょっと、注意してくださいね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする