渋野日向子とはどんな人?プロ1年生が全英オープン優勝!

スポンサーリンク

2019年8月4日、女子ゴルフの渋野日向子(しぶの ひなこ)選手プロ1年生が、AIG全英女子オープンで優勝を手にした。昨日第3ラウンドを終えた時点で、2位と2打差をつけ単独首位に立ち、渋野日向子選手は現実的に優勝してしまった。渋野選手はどのような人なのでしょうか。

2019年8月3日、女子ゴルフの渋野日向子選手は、若干20歳で、さらに、昨年の2018年7月にプロテストに合格間もない身で海外初挑戦なのである。

海外でメジャー戦のAIG全英女子オープン第3ラウンドが行われ、渋野日向子選手は、2位でのスタートでしたが、7バーデー2ボギーの67で回り、ついに単独首位に躍り出ました。2位に2打差をつけての通算14アンダー。

渋野日向子さんは、とても大変なことをしでかしてますね。大変なことですよ。

最終日は、緊張しないで硬くならずにできるでしょうか。

気がはやりますが、優勝となると樋口久子選手以来、42年ぶりの海外女子メジャー制覇となります。

そんな渋野日向子選手が気になります。ネット上では、「かわいい」とか「カップ」などの文字が・・・盛り上がっているようです。

まだ20歳でプロテストに合格したばかりの渋野日向子さんは、どんな人なのか調べてみました。

渋野日向子プロフィール

渋野日向子(しぶの ひなこ)1998年11月15日生まれ、165cm、62kg。
岡山県岡山市出身。
岡山作陽高等学校卒業。
所属 RSK山陽放送
2018年、プロ転向 (LPGA90期) 優勝回数、日本LPGA 2回

渋野日向子の生い立ち・経歴

1998年11月15日誕生する。

両親は、ふたりとも陸上の選手で、父親は円盤投げ、母親はやり投げ。

三人姉妹の次女。

【小学生時代】

2005年(7歳)、岡山市立平島小学校2年生の夏休みに「ゴルフ」と出会います。

この年の12月、地元のスポーツ少年団に入団し「ソフトボール」も始める。

このソフトボールでは、ピッチャーでバッティングは、左打ち。

ゴルフの小学校時代の成績は、岡山県ジュニアゴルフ選手権の小学校の部で

小学4年から3年連続3位入賞と言う記録。

【中学生時代】

岡山市立上道中学校では、女子野球選手で軟式野球をする。

岡山県ジュニアゴルフ選手権競技(中学生・女子の部) 3年連続優勝。この結果、ゴルフ一

本に絞ることを決意。その決意の裏には、中学2年の時の軟式野球部の監督からの助言があ

ったという。「ゴルフ一本の方がいい」と。

【高校生時代】

2014年岡山県作陽高等学校入学。高校1年中国女子アマチュア選手権 優勝。

高校2年の全国高等学校ゴルフ選手権大会(宇部72カントリークラブ)女子団体戦 優勝。

【2017年3月、高校卒業後】

2017年7月、LPGA最終プロテストで最終日のラウンドに進出できず。

2018年、サードQT進出者の◆でステップ・アップ・ツアー出場。

LPGAツアーのアース・モンダミンカップでホールインワンを達成。

2度目のLPGA最終プロテストで14位で合格。ステップ・アップ・ツアー16シアイ、LPGAツアー1試合出場。ファイナルクォリファイングトーナントの翌シーズン前半戦にLPGAツアーに参戦できることとなった。

2019年5月9日~5月12日のLPGAツアーワールドレディースチャンピオンシップサロンカップ 初優勝。

大会史上最年少優勝を達成する。

LPGAツアー初優勝が公式戦となったのは指示用13人目。日本人では8人目。

新設大会の資生堂アネッサ レディースオープンでLPGAツアー2勝目。

スポンサーリンク

渋野日向子の快進撃

渋野日向子選手は、プロテストに合格して丁度1年が過ぎたばかりで、今回の快進撃はどうし

て起きたのか?

スポーツ評論家の岡本綾子さんがこのように言っています。

「まだゴルフをなめていない」

なんですか?

ゴルフボールを舐めるのかとお思いきや、そうでないらしい。

渋野日向子選手は、プロテスト合格してまだ1年、この時期は、ワンショットごとに上手になっていく時期だという。

そして、なにごとにもまえむきに取り組めている。

だから、吸収するスピードが速いという。

その証拠として、何度か2メートル以上のバーパットを決めている。このことは、バーディー

パットに匹敵するほどの勝があるといいます。

丁度いい高く大きな波に乗った瞬間なのかな?

渋野日向子優勝カップ大接近!メジャー最終戦2打差で首位へのまとめ

女子プロゴルフ界にニュースター登場!

若干20歳のプロテスト合格からまだ1年の渋野日向子選手だ。海外ツアー参戦も初めてという

渋野日向子選手。最終日を2位に2打差もつけ単独首位で戦う。

ゴルフとは、小学校の2年生の時に出会ったという。同じころソフトボールも始めていてポジションは、ピッチャーだった。

ゴルフもソフトボールもうまい。いわゆる二刀流だ。

両親ふたりとも陸上競技の選手をしていたというのもあり、両親のすばらしい運動神経をすべ

て引き継いだのだろう。

そのずば抜けた運動神経に加えて、良き指導者との出会いがあっての今日の渋野日向子が誕生

したのでしょう。

そのよき指導者は、中学2年の時の軟式野球部の監督でした。ゴルフと野球と二刀流をつづけ

ていた渋野日向子選手にこういったといいます。「ゴルフ一本の方がいい」。

その渋野日向子選手は、いま、女子プロゴルファーとなり、メジャーの大会で単独首位にいる

という。

誰も想像できない出来事が目の前で起きています。

メジャー優勝へ、がんばれ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット