通信障害発生中!アマゾンAWS障害原因究明中EC2東京リージョン

スポンサーリンク

2019年8月23日(金)、13時過ぎ頃から、AWS障害という報告がSNS上でも炎上している状態です。障害が発生しているサービスはEC2、東京リージョンと呼ばれているアジアパシフィック(東京)。ゲームアプリやタイトル紹介などにアクセスできない状態です。原因は、冷却装置の故障。

アマゾンのAWSで通信障害発生!原因特定

アマゾンが運営するAWSで障害が発生していました。現在は、復旧済(8/23 23:00現在)

障害が発生しているのはサービスは、EC2、東京リージョンでアジアパシフィク(東京)内での

一部のインスタンスの通信に不具合が発生した模様。その後、一部のインスタンスにアタッチ

されたEBSボリュームの性能劣化でEC2のAPIでも遅延とエラーが増加しているという。

また、14時35分、EC2に加えマネージド型データーベースであるアマゾンRDSへの接続につ

ても不具合があるということです。

AWSの主なコンピュータサービスのEC2の障害は、ゲーム、SNS、決済、シェアリングサ

ービス、B2Bクラウドなどの数多くのサービスに影響を与えています。

最新情報は、AWSのService Health Dashboardを参照してください。

AWSのステータス

日本時間2019年8月23日15:00現在のAWSのステータス

EC2の障害の原因

「冗長化された空調設備の管理システム障害」による冷却装置の故障。

EC2用の一部のホストサーバーがオーバーヒートを起こしてシャットダウン。

仮想マシンやディスクに障害が発生。

RDSの障害については、明らかになっていません(8/23  23:00現在)

AWSとは?

クラウドコンピューティングの主なメリットの1つは、必要な時に、必要なだけ、低価格でIT

リソースを提供できることです。

クラウドを使用することで、企業は数週間、数か月前から、サーバーやほかのITインフラスト

ラクチャを計画・調達する必要が無くなります。

クラウドなら、すぐに何百、何千ものサーバーを数分で起動させて、素早く結果をだすことが

できるのです。

スポンサーリンク

ネットの情報では

通信障害発生中!アマゾンAWS障害原因究明中EC2東京リージョンのまとめ

とても大規模な通信障害が発生した模様です。

現在、原因特定と復旧作業中とのことで、いましばらく連絡を待ちましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット