ラグビーのルールは難しい?簡単に初心者も基本をマスターできる!

スポンサーリンク

ラグビーのルールは難しいのでは?特に初心者の方は、そのように決めつけている方が多い。いわゆる食べず嫌い。2019年9月20日ラグビーワールドカップがこの日本で開催されます。初心者の方も基本ルールをマスターして大いに楽しみましょう。

ラグビーのルールをマスターして、日本で開催されるラグビーW杯を大いに楽しみましょう。

どのようなスポーツもそうだと思いますが、

ルールを知らないと、見ていてもまるで楽しくないですね。

ひとりでは、見ないですね。

二人だと、付き合いで見るかもしれませんが、楽しくはないですね。

楽しむには、ひとりより、二人で。

付き合いで見るなら、最低限、ルールを覚えてみたら。

意外と、楽しみが広がるかもしれないですよ。

今回のラグビーW杯は、アジア初となる開催で、その場所が日本なのですよ。

毎年、日本で生で見られるものではない!

ということを認識しましょう。

ラグビーのルールの説明に入る前に、そもそも「ラクビーワールドカップ」とは?

から参りましょうか。

そもそもラグビーワールドカップとは?

オリンピックと同様に、4年に一度のサイクルで開催します。

「15人制(※)ラグビー世界王者決定戦」をラグビーワールドカップ(ラクビーW杯)という。

夏季オリンピック、FIFAワールドカップと並ぶ「世界三大スポーツ」のひとつ。

※①15人制(ラグビーユニオン)・・・一般的にラグビーと言われています。

 ②13人制(ラグビーリーグ)

 ②7人制(セブンズ)

そもそも・・・から説明をしたのですが

すでに、なに?

という声が聞こえてそうですね。

ルールを覚える前の段階で、同じスポーツなのに人数が違うの?という声が・・・

ややこしいですね。嫌がらず、先に進みましよう。

ラグビーとはどのような競技なのか?

・楕円形をしたボールを使用した球技スポーツ

ラグビーと言えば、まずどなたでも知ってると思いますが、特徴的な楕円形をしたボールを

使用します。

この楕円形のボールを奪い合い、相手陣の得点エリア(インゴールという)

に運び、得点を獲得していく陣取りゲームです。

スポンサーリンク

ラグビーのルール 人数・試合時間・得点の仕方

・選手人数・・・1チーム15人、リザーブ(控え)8人で、1チーム23人が登録されます。

・試合時間・・・前半/後半をそれぞれ40分で、合計80分です。ハーフタイムは、12分以内。

・得点の仕方 (5種類)

①トライ[5点]・・相手陣の得点エリア(インゴール)の地面に、ボールをつけると「トライ」

          続いて、トライをした場所から自陣に向かって真っすぐ下がった地点から

          コンバージョンキックの機会が得られます。

②コンバージョンゴール[2点]・・トライの後、コンバージョンキックと呼ばれる得点が得ら

                 れる機会が与えられ、トライをした位置の延長線上から

                ゴールポストに向かってボールをキックします。ゴール

                ポストのクロスバー上を越えると得点獲得。

③ペナルティトライ[7点]・・相手の反則がなければトライ出来たと認められると、ゴール

               ポストの中央にペナルティトライが与えられます。

④ペナルティゴール[3点]・・相手がペナルティをした場合、その地点からゴールポストに

               キックが与えられ、ゴールポストのクロスバー上を越えると

               得点獲得。

⑤ドロップゴール[3点]・・プレー中、ボールを地面にワンバウンドさせキックし、直接ゴ

              ールポストを狙うことが出来、ゴールポストのクロスバー上を

             越えると得点獲得。

・反則とペナルティ(重い・やや重い・軽い)

①重い反則・・・相手チームにペナルティキックが与えられます。

        反則をしたチームは、その地点より10m下がります。

②やや重い反則・・相手チームにフリーキックが与えられます。

         反則をしたチームは、その地点から10m下がります。

③軽い反則・・・相手チームからのスクラムからの再開となります。

ラグビーのルールの基本用語の説明

アタック

ボールを持ったチームは、「バス」「キック」「ラン」をしながら、相手のゴールラインを目指します。

・パス・・・自分の真横より後方の選手に出します。

・キック・・攻撃のひとつとしてピンチから逃げる時などに行い、全身するための大き

      な手段です。

・ラン・・・ボールを持ってゴールラインをめざし、相手をかわしながら個人技の見せ所

 
 
ディフェンス

ボールを持っている選手を止めます。またボールを奪取するため果敢にタックルをします。

・タックル・・ボールを持っている選手を地面に倒すとタックル成立。

       タックルは、首より下にします。

ラック

地面にあるボールを両チームの選手が、たった状態で体を密着させ奪い合うプレーで、

ラックが成立すると手は使用できなくなります。

                

モール

ボールを持った選手を立った状態のままで、両チーム1人以上(計3人以上)の選手が組み合

ってボールを奪い合うブレー。

スクラム

軽い反則があった場合、試合を再開する方法。

両チームのフォワード8ニン同士がクミアッテ、中央に投げ入れられたボールを足で搔き

出しながら、最後尾の選手がボールを拾い上げた時点で試合再開となります。

ラインアウト

ボールがタッチラインの外に出た場合の試合再開方法。

タッチラインに対して垂直に並んだ両チームの列に、真っ直ぐにボールを投げ入れなけれ

ばなりません。ボールを投げ入れた瞬間が、試合再開となります。

ラグビーのルールのポジション

図中のナンバーは、背番号となります。

FW

①③・PR・プロップ・・スクラムの要の役割で最前列で、両サイドの2人が直接相手チー

             ムとと接触します。

②・HO・フッカー・・スクラム最前列で、①③のプロップに挟まれながらスクラムをコ

            ントロールします。

④⑤・LO・ロック・・スクラムの2列目の2人で、ラインアウトの中心として動く。

⑥⑦・FL・フランカー・・スクラムの3列目で、両サンドの位置に付きます。

⑧・NO8・ナンバーエイト・・スクラムの最後尾。攻防の中心となる。

BK

⑨・SH・スクラムハーフ・・フォワードとバックスとのパイプ役で、パスワークに優れる

⑩・SO・スタンドオフ・・アタックを組み立て、コントロールする司令塔。状況判断が優

              れるゲームメーカー。

⑫⑬・CTB・センター・・バックスの攻守の要。戦況を大きく左右する。

⑪⑭・WTB・ウィング・・チームのトライゲッター。

⑮・FB・フルバック・・最後尾でゴールラインを守る守護神です。高いキック力を要しま

           す。

 

ラグビーのルールは難しい?簡単に初心者も基本をマスターできる!のまとめ

ラグビーのルールは、いかがでしたか?

今回は、ラクビーというスポーツを全く知らないという初心者の方を

対象として説明してきました。いわゆる初心者向け基本ルールです。

ラグビーのルールは、ことば自体も専門的で、素直に頭に入ってきませんね。

基本的な専用のことばだけでも理解できればいいかな。と思いながら説明してきました。

まだまだ、説明しきれない部分が、山ほどあるのですが、それは、また次回と言うことで

今回の分だけでも理解していただけたらなと思います。

また、機会がありましたら、お目にかかりたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット