紀平梨花グランプリシリーズファイナル初出場初優勝!まだ高校生?

スポンサーリンク

12月9日(日)(日本時間)グランプリシリーズファイナルで、初出場の紀平梨花選手が、初優勝しました。グランプリシリーズを3連勝中で、ファイナルにおいても優勝し、有終の美を飾りました。日本女子フィギアスケートにとって新星の誕生です。彼女の強さに迫ってみました。

[ad#co-1]

ファイナルの結果

グランプリシリーズファイナルは、カナダのバンクーバーで行われました。総合成績を、ご覧ください。

1位 紀平梨花     233.12点(初出場初優勝)

2位 ザギトワ     226.53点

3位 トゥクタミシェワ 215.32点

4位 坂本花織     211.68点

5位 サモドゥロワ   204.33点

6位 宮原知子     201.31点

ライバルザギトワ、メドベージェワは

今年、2018年の平昌オリンピックで、金メダルのザギトワは、グランプリシリーズファイナルでは、2位と終わりました。調べてみると、ザギトワは、足をねん挫していたことが分かりまし

た。フリーの直前のフォーミングアップ中に、テレビのケーブルでつまづき負傷していたとのことです。

3回転ルッツからの連続ジャンプの2本目が1回転となるミスをしましたが、その後は、安定した演技でした。

去年、シニアデビューして、グランプリ3連勝し、平昌オリンピックでは、金メダルを獲得したが、「シニア1年目はまわりからの期待がなかったので、勝つのは簡単だった。今は、たく

さんの期待があり、気にしなければならない。」とコメントしており、。常勝を求められる国ロシアです。ザギトワより、一足先に、シニアデビューをしたメドベージェワは、国の期待と

責任を一身に背負って、数々の大会を制してきたことに、ザギトワは、メドベージェワのすごさを知ったといいます。そのメドベージェワは、現在、右足の甲の骨折でリハビリ中。ザギト

ワにとって、かなりの重圧のプレッシャーがかかっていたのは、間違いないところでしょう。

スポンサーリンク

紀平梨花の強さ

演技での強みは、「トリプルアクセス」だ。そして、その強みは、身体能力の高さと言います。全てのバランスが良く、硬すぎず、柔らかすぎず、バネがある。1歳から体を鍛えてきたという。幼稚園では、「ヨコミネ式」で、基礎運動の腹筋、背筋、柔軟体操まで鍛えたといいます。

紀平梨花の技術

6種類の3回転ジャンプ。女子としては、世界初の3回転アクセル3回転トゥールプのコンビネーションジャンプを公式戦で成功。

紀平梨花

現在、関西大学KFSCに所属し、高校生ではありません。2002年7月21日生まれ、16歳、O型、154cm、兵庫県西宮市出身、2017年全日本選手権3位、2017年全日本ジュニア選手権優勝。

まとめ

紀平梨花選手の初出場・初優勝は、感動しました。とても素晴らしかったです。まだまだ、計り知れない伸び白がある選手が出てきました。身体能力もずば抜けてよく、技術的にも高い水準、これからが本当の世界を相手にしての戦いになると思います。とて

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット