嘉風引退理由に驚きの事実が判明!原因は渓流下りキャニオニング?

スポンサーリンク

嘉風が突然の引退を表明、驚きの事実、引退理由は渓流下りだという。どのようなことなのか。地元の企画でPR最中の出来事だと言います。渓流下りが原因だという嘉風引退の裏に隠された事実をくわしく調べました。

嘉風、秋場所も休場で幕下へ引退危機か?

嘉風に何が起きたのだろうか?

大相撲名古屋場所(7月7日初日)を初日から休場となった。

理由は、「右ひざ外側側副靭帯損傷」で今後、約2か月の治療を要す。

そして、嘉風は、今年2019年6月、右ひざの靭帯(じんたい)を手術しました。

現在、嘉風は十両で7枚目、大相撲秋場所(9月8日初日)も休場し、2場所連続となった。

この結果、嘉風は、幕下へ落ちることがほぼ、確定となり

現役を引退する可能性が・・・

と、秋場所前にささやかれていました。

それが現実になるとは・・・

突然の嘉風引退、会見で判明した引退理由の渓流下りとは

6月、地元、大分県佐伯市の企画で、地元をPRする目的のため、

渓谷で「キャニオニングという渓流下り」の最中で

右ひざを怪我したという。

病院に運ばれ、腓骨(ひこつ)神経麻痺と足首にまひが残ったという。

装具を付けなければ歩行も困難な状態だという。

土俵に立つことが難しく、あきらめざるを得ない状況になっしまった。

スポンサーリンク

嘉風がけがしたキャニオリングとは?

ヘルメット、ライフジャケットを着用します。

このように自然を感じながら、川や沢の流れと共に

体一つで渓谷を下るリバースポーツ。

注:キャニオニングは、自然の河川を利用して遊ぶという性質上、

リスク(危険性)を内在しています。

引用:Grandexより

ツアーなども組まれていて、盛んにアピールしています。

ちゃんと、リスクを内在と書かれていますが・・・

前記しましたが、自然相手の環境下なので、予期せぬリスクが常に

付きまといます。

当然、危険性があるのでインストラクターもいてガイドしてくれるみたいです。

しかし、嘉風関の体の大きさは、問題ないのかな?

このキャニオニングに、身長・体重・体の大きさなどの制限は、

なかったのだろうか?

嘉風関に合うヘルメットや、ライフジャケットは、あったのだろうか

見ただけでも分かりますが、ひざとか足、おしりをおもいっきり打ちそうです。

いろいと心配しても、もう、後の祭りですね。

嘉風関がけがをした大分県も積極的に

この「キャニオニング」をアピールしている地域なのが分かりました。

安全第一で楽しみましょう。

それにしても、嘉風関は、悔いが残る事をしてしまったなあー。

現在の状況・心境と悔いが残る思いという嘉風

9月16日、嘉風は、引退会見を行いました。

けがは、土俵上ではなく渓流下りだった!

引退となったいきさつを、この場で初めて口にしました。

「あんまりいいたくないのですが・・・」と説明が始まりました。

嘉風は、現在はリハビリ中だそうで、普通の日常生活を送れるように、今後、また手術を受け

る可能性がある状況だと説明。

会見では、今後について問われると、ゆくゆくは、自分も部屋を持ち

弟子がめいっぱい力を出せる部屋を目指したいと言い、しかし、

現在、リハビリの身で、なかなかそのような気持ちに今はなれないと語りました。

また、「悔いはないか」の問いに、悔いしかない。悔いが残るとも。

嘉風は、相撲は人生そのものだったので、大変残念に思いますと述べました。

嘉風引退理由に驚きの事実が判明!原因は渓流下りキャニオニングとは?のまとめ

嘉風は、現在、関取の最年長の37歳。

地元のPRの樽と思って行動したことが、本業を引退することになってしまったことに

さぞ、本人は、驚いていることだと思います。

今年に入り、ちょっと元気が無いなと言うような

やや年を感じさせる取り組みもありました。

年齢的な衰えは、口にしませんでしたが、間違いなくありました。

そして、怪我です。

本人も、ファンも突然の引退表明には、驚きを隠せません。

残念でしょうがありません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット