お年玉付き年賀状2020の当選発表はいつ?目玉賞品と交換期限!

スポンサーリンク

2020年、令和初となりますお年玉付き年賀状の当選番号の発表は、いつなのだろうか?2019年にはダブルチャンスがあったが今年はどうなのでしょう?また、お楽しみの目玉賞品にはどんなものがあるのだろうか?とても気になる事を調べてみました。

お正月を迎える2020年、令和も2年目と言うことになりますね。

こたつで暖まりながら、ポストに束となった年賀状が届きます。

すこしワクワク感が、なぜか感じませんか?

この昔からの年賀状、年始のご挨拶は、SNSに変わられようとしていて、

毎年、少しつづ、少しつづ減ってきています。

でも、この年賀状は、もらう楽しみと、も一つ賞品があたる楽しみの2度も

楽しめます。

2020年の賞品は、どのようなものなのか。

抽選日は、いつなのか。

お正月のとても大切なイベントですよね。

特に抽選日は、忘れてはいけない人なります。

うっかり・・・

手遅れになってしまいます。

しっかりカレンダーに記入しておいてくださいね。

そのとても大切な情報

抽選日、賞品、当選した場合の賞品の交換方法、

賞品の交換期限など

を調べましたので、お知らせしますので

少しの時間をくださいね。

では、どうぞ。

お年玉付き年賀状2020の当選番号の抽選日はいつ?

抽選日 : 2020年1月19日(日)

お年玉付き年賀状2020 当選番号!

未定

スポンサーリンク

お年玉付き年賀状2020 「全券種共通」

今年2020年の目玉賞品は、「電子マネー」や「東京2020オリンピックの開会式or閉会式の

ペアチケット」登場でしょうか!!

1等   現金30万円または電子マネー31万円分   2,361本(100万本に1本)

2等   ふるさと小包など            236,160本(1万本に1本)

3等   お年玉切手シート           70,848,000本(100本に3本)

なお、賞品のお渡し期間は、2020年(令和2年)1月20日(月)~2020年(令和2年)7月20日(月)

でとなっております。

お年玉付き年賀状2020 「一部券種限定」

東京2020オリンピック開会式または閉会式ペアチケット※1 開会式2本/閉会式2本 

・東京オリンピック競技観戦ペアチケット※2 181本(ㇴ値を和和本に1本)

※1 東京2020オリンピック開会式または閉会式の対象券種

⇒ 東京2020大会「寄付金付き」年賀はがき(全種)のみが対象となります。

※2 東京2020オリンピック競技観戦ペアチケットの対象券種

⇒ 組番号「B組」東京2020大会「寄付金付き」年賀はがき(全種)

および年賀はがきの無地(単面・四面連刷・くぼみ入り、インクジェット紙

インクジェット写真用)が対象です。そのほかの「組」は、対象外です。

お年玉付き年賀状2020 賞品のお渡し方法

お近くの郵便局へお願いします。 >>> 郵便局を探す

<当選した場合>

・現金30万円は、現金書留にて郵送です。

※「本人確認」ができる書類を必ず持参してください。

・ふるさと小包などは、専用のはがきで景品を選択し、郵送します。

※「本人確認」ができる書類を必ず持参してください。

・お年玉切手シートは、郵便局内で受け取りが可能です。(在庫有りの場合)

※「本人確認」は、必要ありません。

・東京2020オリンピック ペアチケットは、郵便局窓口で対応します。

※「本人確認」ができる書類を必ず持参してください。

お年玉付き年賀状2020は「ダブルチャンス賞」はなし

2019年に設けられた「ダブルチャンス賞」は、2020年度のお年玉付き年賀状ではありませ

ん。

その理由は、2019年は、平成から「令和」という新元号となる年を記念するためのものだった

からです。残念ではありますが、今年のワンチャンスを楽しみましょう。

ちなみに、ダブルチャンス賞の賞品は、シリアルナンバー入りの

特別切手シートでしたね。欲しかったー。

お年玉付き年賀状2020 デザイン

お年玉付き年賀状のデザインは、例年同様にディズニーやスヌーピーの年賀はがきです。

また、昨年の2019年同様、東京2020オリンピック・パラリンピック

にちなんだ「寄付金付き年賀はがき」が限定で100万枚発売します。

ほかに、PCブラウザ&スマホアプリゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」

とのコラボ年賀はがき、12枚で1セットで販売されますよ。

お年玉付き年賀状2020の当選発表はいつ?のまとめ

2020年のお年玉付き年賀状は、2019年10月1日の消費税の引き上げにより

はがき料金が62円⇒63円と1円値上げされましたね。

賞品では、目新しいのが、1等の「電子マネー」ですね。

現金だと30万円ですが、電子マネーでは、31万円分と1万円お得となっています。

令和2年目で、令和初のお正月、お年玉年賀状が、届くのを

首を流して待ちましょう。

2020年には「ダブルチャンス賞」が亡くなってしまいましたが、

1等の30万円を祈願しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット