ツグエダユキエのオーダーメイド服が即位礼正殿の儀で大炎上!

スポンサーリンク

2019年10月22日、ツグエダユキエのオーダーメードの服を着た阿倍昭恵夫人が即位礼正殿の儀に出席し、その服装にネット上では大炎上!話題を独り占めした阿倍昭恵夫人とツグエダユキエを追ってみました。

ツグエダユキエのオーダーメード服がネット上で大炎上?

いかがであろうか?

服を着ている方は、阿倍昭恵夫人です。

大炎上したわけとは?

阿部昭恵夫人の後悔を暴露、古市憲寿

ファッションジャーナリストの福田京子さんは、

「あの場に限っては、トレンドを追いすぎ」だと指摘。

さらに、「場にふさわしいファッションも1つのセンス。残念だった」と述べた。

反面、昭恵夫人のドレスについて、冷静な評価をしています。

袖口にかけて広がる釣り鐘の袖をベルスリーブと呼びますが、

これは、「トレンド」と評価。

昼間のパーティーで着ていたらとても素敵だったと、褒めています。

ほんと?

みなさんは、どのような印象をもたれましたか?

冷静な評価はさらに続きます。

あの場は、パーティーではないので、ボディーラインが出ていて、丈も少し短い、

ふさわしくなかったのでは。靴もフォーマルの規定は中ヒールですが

昭恵夫人のヒールは高かった。

と問題点を指摘。

もう少し場を考え礼儀や敬意を表すエレガントな装いの方が

よかったのでは、夜に着用されていましたが、着物の方がよかったのでは。

着物は色や柄が地味でも存在感で勝てるとも述べていました。

しかし、プロがどうのこうの指摘する以前の問題では。

世間の皆様が反応した通りだと思います。あの場は・・・

スポンサーリンク

阿倍昭恵夫人愛用のブランド「ツグエダユキエ」

今回の阿倍昭恵夫人が着られたドレスは、日本ブランドの「ツグエダユキエ」

のオーダーメイドということが判明。

このブランドは、阿倍昭恵夫人の愛用されているブランドのなかのひとつだそうで

たびたび着用しています。

継枝幸枝(ツギエダユキエ)氏は、デザイナーで、話題となった今回のドレスは、

話によれば、阿倍昭恵夫人から今年の2019年8月のアフリカ開発会議用として

注文があったらしい。

流行のベルスリーブを取り入れ、体の部分をコンパクトにし袖以外はシンプル

にデザインをしたといいます。

そして、ドレスの色を白にシャンパンゴールドを混ぜた。

「公式行事で着用されることを意識し、品よく見えるものをこちらが提案させていただいた」

ということで、阿倍昭恵さんからのデザインについて提案があったわけではなかったという。

最後に福田氏は、阿倍昭恵夫人が、アフリカ会議に着用し着回ししたことについて、

普段であれば、着回しは素敵なことと述べ、「今回は、皇室行事の中でも園遊会やパーティ

ーとはまた違い、一生に一回と大きなもの。とてもフォーマルな場なので、会議で来ていたも

のを着ていく場ではなかった」と指摘していました。

ですよね。

阿倍首相の苦労が目に見えるようです。

ツグエダユキエ プロフィールと略歴

継枝幸枝(つぐえだ ゆきえ)

武蔵野美術短期大学卒業

1980年(昭和58年)株式会社継枝幸枝設立

ファッションデザイナー

1986年 第25回ピエールカルダン・ハイファッション賞入選(2年連続)

1990年 東京コレクションに参加。以後4回発表後、runway show形式を停止

1993年 第30回生理人類学シンポジウム:パネリスト&公演 at.実践女子大学

1996年 Yukie Tsugueda collection 発表

2002年 都内有名百貨店「管理職研修セミナー」:特別講師

2003年 百貨店プロセールス資格制度「fitting advisor講座」:特別講師(継続)
2003年 東京ファッション専門学校研究科:特別客員講師(継続)
2003年 青山学院大学国際政治経済学部:特別講演
2004年 ”Tsugueda/Les Revuette/morioka”

・・・顧客をモデルとしたファッションショー発表(至10回)

2009年 ファッションカレッジ桜丘:講師

引用:YUKIE TSUGUEDA.INC

ツグエダユキエのオーダーメードの服が即位礼正殿の儀で大炎上!のまとめ

天皇陛下の即位礼正殿の儀は、大雨の中、行われましたが、一瞬、虹もお祝いしたとか

本来、話題となるのは、天皇陛下側の方々のはずを、どうしたことであろう昭恵夫人が独占!

焦点が完全にボケたようです。

今回の一件で、とてもよくわかりました。「常識」という文字の意味。

阿倍昭恵夫人が、一気に持って行ってしまった感がありますね。

ドレスの丈が短いだの、袖がとか、ドレスコードだの、ドレスのブランドは?値段は?なども

しかし、「デザイナー、ブランド ツクエダユキエ」は、広告費なしで、こんなに有名になる

とはご本人も想定外だったでしょうね。

昭恵夫人自体の考えとしては、大成功だったのかも。

良かったのか、どうなのか

これからどうなることやら・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット