ホワイトデーがお返しでめんどくさい男子必見!超簡単な解決方法!

スポンサーリンク



ホワイトデーのお返しが、めんどくさいと毎年悩んでいる男子、いませんか?そのような方のために、超簡単に悩みを解決する方法をトコトン調べ上げました。年中行事となったバレンタイデーやホワイトデーを切り抜けましよう。それでは内容を見ていってください。

バレンタインで義理チョコ出逢った場合でも、いただくときは、嬉しいものですね。

でも、その時に、1ヶ月後に待っている「ホワイトデーのお返し」があることを

気が付きません。

まだ1か月も先の事だし、とか。

軽く考えていませんか?

男性にとってのホワイトデー=女性にとってのワイトデー

ではないらしいのです。

贈った側の女性の心理をよく理解してあげて

もらったら、ちゃんとお返ししましよう。

それが「和」の日本人であり、人間関係の基本です。

ホワイトデーが近づくにつれ、憂鬱になる人も・・・

そうならないためにも、

さっそく、その回避策をお話していきましょう。

スポンサーリンク



ホワイトデーでお返しを「する」「しない」をデータで見ると

とある調査データーで、お返しを「しない」と答えた男性がおよそ10%弱

で、特に50代の男性の割合が多いということです。

なんとなく、分かる気がしますが。

また、お返しを「めんどくさい」と思っている方が、73.4%とも。

もっと多いかとも思いますが・・・

こんなところでしようか?

贈る女性側の心理とは?

バレンタインデーチョコなどをいただいたことに対し

ホワイトデーでのお返しの女性側の心理は、

アンケートなどからまとめてみると

お返しは当然!

という考えがあることが、大半を閉めました。

ホワイトデーがお返しでめんどくさいのはなぜ?

では、「ホワイトデーがお返しでめんどくさい」のはなぜなのか?

永遠の課題ではありますが。

しっかり、このところを把握しておきましょう。

このところを把握、分析することで、「めんどくさい」

は、それだけで解消してしまいます。

なぜなのでしよう?

①なにをお返ししていいのか分からない

②買いに行くのがめんどう

③「義理」なのになぜお返ししなきゃいけないの

④イベント行事が嫌い

⑤好意があると勘違いされてしまう

ほぼ、このような理由が上位を占めました。

ほかにも「めんどくさい」には、たくさんの理由が上がりました。

しかし、全部に対し、回避策を考えるのは、大変です。

贈る方、もらう方のそれぞれ、人間の感じ方の違いもあります。

このような「めんどくさい」の理由に、

どう対処するのか?

次にまとめました。

ホワイトデーがお返しでめんどくさい!その回避策とは?

「めんどくさい」の回避策を3つ、ご紹介します。

一つ目、

超簡単な方法は、「バレンタインデーにチョコをもらわない」です。

当然と言えば、当然なことなのですが、

「もらわない」というのは、大変難しいことです。

上手に「もらわない」ように、相手に対して、

断らなければならないのです。

でも、ここで、もらってしまったら、1か月後まで、「お返し」

について悩み続ける人もいるのではないでしょうか?

仕事も手につかないとか。

そこまで深刻に悩まないですね。本命は別として。

だったら、いま、チョコをもらわないための言い訳を

考えておいた方が、ずっと楽ですよね。

例えば「ダイエット中」とか「お医者さんに甘いものは止められている」とか

深刻に話すのではなく、軽く流す感じて話すようにしましよう。

二つ目、

お返しは、相手にかまわず、「キャンディー」と決めておく

そして、買う所は、コンビニです。

どこにでも身近にあって、さらにホワイトデーの専用コーナーがあります。

単純素朴で昔からホワイデーのお返しは、キャンディーと決まっていましたからね。

そのように決めておけば、ホワイトデー当日でもめんどうでもなく憂鬱にならずにOK!

三つ目、

頂いた相手の方に直接、聞く!

お返しの品に、あーでもない、こーでもないと悩むことなく

本命でなければ、気軽に聞いてすぐにお返ししましよう。

スッキリします。

本命であけば、本命なりの金額も考慮してあげましょう。

相手に喜ばれるには、直接聞いた方が、一番です。

ホワイトデーがお返しでめんどくさい男子必見!超簡単な解決方法!のまとめ

いかがでしたでしょうか?

いろいろな情報を総まとめにした結果です。

男性は、「めんどくさい」のです。

女性は、お返ししてもらいたいのです。

男性は、「めんどくさい」というものの

その言葉の裏には、お返ししたものが、気に入って、喜んでもらえるだろうか?

という想いがとても強いのです。

だから、悩むし、最後は、「めんどくさい」となってしまうのです。

バレンタインデーやホワイトデーは、今や、立派な「年中行事」のイベントのひとつです。

しかし、一方では、年一回、好きな相手に告白できる大切な日

という意味もありますので、取扱いには、注意しなければなりませんね。

ですから、「めんどくさい」と思いながらも、年中行事であるイベントはしっかり行い、

本命の方々は、彼氏や彼女にちゃんと気持ちを伝えましよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット