前田穂南青梅マラソン初優勝!間違いない東京五輪も金!15年ぶりの快挙

スポンサーリンク



2020年2月16日(日)前田穂南選手(23歳・天満屋)が、青梅マラソン、女子30キロの部で初優勝しました。さらに日本記録、大会記録を更新という15年ぶりとなる新記録づくめ。タイムは、1時間38分秒。前田穂南選手は、すでに東京オリンピックの女子マラソン代表に内定しています。

2020年2月16日(日)、青梅マラソン(報知新聞社主催)が開催されました。

朝から雨となる天気でしたが、

スタート前には、雨が上がりました。

気温、9.7度。

コンディションも万全となった。

午前11:30、号砲。

<コース・30km>

東青梅4丁目スタート ~ 川井駅先折り返し ~ 住友金属鉱山アリーナ青梅ゴール

スポンサーリンク



前田穂南青梅マラソン初優勝への意気込みと目標!

前田穂南選手は、スタート前の午前中に、

入念にコースを下見していました。

思ったより、アップダウンがあると感じたが、

「上りも下りも特に苦手意識はありません」とコメント。

この大会での目標もしっかりと持っていた。

「野口みずきさんがこの大会で持っているタイム、

1時間39分9秒を超えること」

1月での都道府県駅伝後、体調を崩しました。

10日前まで、1月中旬からのアメリカ・アルバカーキで高地合宿をしていて

少し疲労が残っているよう。

体長不良や右足首のくるぶしを痛めて、1週間ほど軽めの練習に

切り替えたという。

前田穂南選手は、とても勤勉な性格で、

自分を追い込みすぎるところがあるので

この軽めの練習が功を奏して、体重は2キロほど増加

そして、調子も上向き体調も万全と話します。

竹富豊監督(66)がこのように話しました。

この大会の出場の理由は、野口みずきさんの走りのスピードを

前田穂南選手に体感させるためだと。

現段階での仕上がりを見極め、ピークを合わせて最高の結果を出すこと。

今回の結果は、「予想外」と話しています。

そして、100点満点の出来だと評価しました。

今後のレースは、未定だという。

状態を見極めながら出場を検討していくしいう。

<前田穂南選手の東京オリンピックに向けての目標>

スピード・持久力・筋力強化

だそうです。

前田穂南青梅マラソン初優勝で日本新記録、大会新記録も達成!

序盤での5km、10kmは、それぞれ16分18秒、32分36秒(5km16分18秒)と順調に走行。

スタート前に確認したアップダウンも自信を持って失速はしなかった。

10km~15kmは、上りのこう配がきつくなるところですが、

16分48秒とちようど30秒遅れに我慢してとどめます。

そして、独走状態のままの一人旅となります。

最後の5kmがなんと、最速となる16分12秒で駆け抜けました。

その結果、2位と7分44秒もの差をつけ

ゴールタイムは、1時間38分35秒。

で優勝。

いままでの、この大会での記録は、1時間39分9。

これは、野口みずきさんが、2004年にアテネオリンピックで金メダル

を獲得した当時の日本記録でした。

前田穂南選手は、その記録を14秒も更新してしまった。

<女子30キロ結果>

1位 前田穂南(天満屋)    1時間38分35秒(日本新)

2位 野添佑莉(三井住友海上) 1時間46分19秒

3位 森田詩織(パナソニック) 1時間48分39秒

前田穂南青梅マラソン初優勝日本新記録大会新記録も!15年ぶりの快挙のまとめ

前田穂南(まえだ ほなみ)選手は、身長166cmに対し、体重46kgしかありません。

見た目では、「だいじょうふ?」のような

カヨワイ感じがうかがえます。

しかし、走れば、鬼に金棒のような走りを見せる!

日本新記録に、大会新記録を樹立するなど

前田穂南選手は、実力とカワイサを持った、すばらしい選手です。

上手に、東京オリンピックに調子を合わせていって

いつも通りに走れば

金メダルが向こうから来ますね。

がんばってください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット