新元号の発表日と時間は?4月1日(月)11時30分に決定!

政府は、3月29日午前、新元号の発表日と時間を、4月1日11時30分に決定しました。新元号の発表日の時間の午前11時30分ごろに菅義偉官房長官が会見して発表すると公表いたしました。「元号に関する懇談会」を4月1日午前9時30分から開き、閣議決定します。

スポンサーリンク

【追記2019/4/1/11:41】

新元号決定!発表です!!!   「令和」(れいわ)

新元号の意味は、「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」。

「初春の月にして、気淑く風ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香りを薫す」

出典は「万葉集」梅花の歌

「令」が使われるのは初。「和」は20回目。

発表者は、予定通り菅官房長官でした。

新元号の発表日と時間決定!

3月29日午前中に首相官邸にて「元号選定手続き検討会議」が開かれ、

新元号の発表日と時間が、菅官房長官より発表・公表されました。

2019年4月11日(月)11時30分

新元号決定の流れと新元号発表者は菅官房長官!

4月1日午前9時30分に「元号に関する懇談会」が有識者により

首相官邸で開かれ、衆参正副議長からの意見聴取、

全閣僚会議で協議をし

閣議で改元の政令を決定。

11時30分ごろ、菅官房長官が会見し「新元号の発表」をします。

その後、12時ごろ安部晋三首相が会見します。

「平成」は、2019年4月30日(火)で終了となり、

皇太子様が新天皇に即位する2019年5月1日(水)午前0時に新元号に改められます。

ちなみに、この週は、ゴールデンウィーク真っただ中!

休日の変更に注意してくださいね。

4月1日9時30分開始「元号に関する懇談会」メンバー

・上田良一(NHK会長)

・大久保好男(日本民間放送連盟会長)

・鎌田薫(日本私立大学団体連合会会長)

・榊原定征(前経団連会長)

・白石興二郎(日本新聞協会会長)

・寺田逸郎(前最高裁長官)

・林真理子(作家)

・宮崎緑(千葉商科大教授=国際政治)

・山中伸弥(京大教授=医学)

(50音順、敬称略、肩書きは当時)

スポンサーリンク

新元号で考慮する条件とは?

・常用漢字を使う

・1文字の画数は多くても12~15画

・頭文字は「M・T・S・H」以外

・民間の元号予想ランキングの上位はなるべく避ける

・人名に多い2文字は避ける

・大企業と同じ名称も使わない

出典:朝日新聞デジタル

新元号の発表日と時間は?4月1日(月)11時30分に決定!のまとめ

昭和から平成にに変わった時、人それぞれの場所で、時間はひとつ、日本国民が注目して

小渕さんがついに発表した。

ほとんどの方は、この瞬間をさまざまな場所、状況で、しかし、時間だけは共有するという

経験をしました。

あの時ののシーンが、いま、鮮明に、スローモーションで甦っています。

ふたたび、あの感動を味わえると思うと、新元号の発表日の4月1日がとても待ち遠しい。

新元号に願いをこめて

今度こそは、健康で、しあわせに、明るい未来を、生き抜きたい。

そういう夢がありますね。

そして、もひとつ待ち遠しいのが

個人的な意見です。「平成最後の・・」とか「平成残りわずか」というフレーズが聞けなくな

るのが、待ち遠しいです。

早く来い来い、新元号発表日の4月1日、時間は、午前11時30分!!。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット