一律10万円給付は自己申告制に決定!それってすぐもらえるの!?

新型コロナウイルス

2020年4月17日、安倍首相は、記者会見を行い、その中で一人当たり10万円とする一律給付を決定として公表しました。ところが、麻生財務大臣は、同日の記者会見において「手を挙げた方に」と述べ、つまり「自己申告制」だという。この「自己申告制」とはなんなのか?詳しく調べてみました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

一律10万円の給付をします!!これで決定か!安倍首相発表

2020年4月17日、安倍首相は、首相官邸において、記者会見を行いました。

その席において、新型コロナウイルスの感染拡大が広がりを受け

 

「緊急事態宣言」の対象区域を全都道府県に拡大することを発表。

そして、国民一人当たり一律10万円の給付も同時に発表しました。

 

拡大も給付も、とても遅いスピード感がなんともいえません。

さらに、給付の件については、副総理でもある麻生財務大臣が、

次のような発言がありました。

一律10万円給付に決定!なのに自己申告制とはなに?

手を挙げた方に10万円」という言い方をしたのです。

つまり、言い方を変えると、「自己申告」と言うことです。

 

なにゆえにまた?

給付が手元に届くのに、またまた遅くなります。

 

所得制限なしの一律10万円の給付は、自らが申告を行わないともらえない!

ほかに、似たような制度が・・・

 

そう、「年金」も同じ制度ですね。

国は、誰のためになにをしたいのでしょうかねー。

一律10万円の給付対象者は?

給付される対象者は?

赤ちゃんももらえる?

 

関係者からの話によると、

・国籍は問わない

(国内に住む日本人だけでなく、3か月を超過する在留資格などを持ち、

外国人が住民票を届けている場合ももらえるらしいです)

・住民基本台帳に記載されているすべての人

ということらしい。

これから調整をするとのことです。

一律10万円の給付の申請方法は?

では、一律10万円の給付の申請方法についてお話をします。

<手続き方法>

現在、「郵送」と「オンライン」の2つの方法が検討されています。

市町村から、金融機関の口座番号などを記入する「申請書」が郵送されてきます。

世帯主が、家族分をまとめて振り込む方向で調整しているようです。

 

また、世帯主が「マイナンバーカード」※を持っている場合は、

オンラインで申請できる方法も検討されています。

マイナンバーカード申請はお早めに!

※「マイナンバーカード」と「通知カード」を勘違いしないように!

「マイナンバーカード」は、自己申告です!

なにやら、国は、自己申告がとても好きみたいですね。

 

マイナンバーカードを取得するためには、「申請」と「受け取り」で

2回も市町村に行かなくてはなりません。とても面倒です。

 

マイナンバーカードは、現在、「通知カード」を持参し、市町村に行き

マイナンバーカードを申請しますが、

手元に届くまで、およそ1か月かかります。

 

市町村から連絡が来たら、ふたたび、市町村に出向いてマイナンバーカード

を受け取りにいきます。

 

「マイナンバーカード」      「通知カード」

    ⇓               ⇓

     

マイナンバーカードの大きさは、クレジットカードと同サイズです。

一律10万円給付決定でいつごろ給付?

5月中に給付開始が出来るように準備を進めています。

一律10万円給付を盛り込んだ2020年度補正予算案が4月20日に閣議決定されます。

一律10万円給付は自己申告制に決定!それってすぐもらえるの!?のまとめ

アー待ちくたびれました。

で、やっと給付がもらえるようです。

 

やることなすことが、とても遅すぎるスピードです。

「スピードを持って対応します」と、一言目、二言目に出てきますが、

「速く」という意味ではなかったようですね。勘違いしてました。

 

やっと、所得制限なしで、一律で、給付となり、

とてもわかりやすい!って、安心したのに・・・

「自己申告制」とはなんぞや!?

 

スピードを持って・・・?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新型コロナウイルス 社会
t-muroをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
wadai

コメント

タイトルとURLをコピーしました