速報第72代横綱稀勢の里が引退!決断した日は父親の誕生日?

スポンサーリンク

【速報】1月16日、第72代横綱稀勢の里(32)が、現役引退をついに表明しました。初場所初日からの3連敗に喫し、昨夜15日の夜、田子ノ浦親方は稀勢の里が話し合いをして、「決断」したとみられます。一晩明けた今日、田子ノ浦部屋で取材に応じた親方から「引退」表明されました。

[ad#co-1]

引退記者会見16日追記

1月16日午後3時半すぎ、横綱稀勢の里の記者会見が、両国国技館で行われました。冒頭で「私、稀勢の里は、今場所をもちまして、引退し、年寄・荒磯として後進の指導にあたりたいと思います。現役中は大変お世話になりました」と挨拶をしました。この後、会見中は、流れ出る涙を手で拭いながらの会見でした。

速報第72代横綱稀勢の里引退の決断は?

昨日1月14日の夜、田子ノ浦親方と横綱稀勢の里と話し合いの場を設け、稀勢の里、本人から

「引退させてください」と申し出たそうです。そのときの稀勢の里の表情は、いつも通りでい

ろんな思いがあるなと感じたそうです。田子ノ浦親方は、稀勢の里に「そうか、ご苦労さん」

と言葉をかけるのが精一杯で、それ以上の言葉をかけられなかったそうです。八角理事長に

は、すでに報告済とのことでした。

スポンサーリンク

速報第72代横綱稀勢の里引退の理由

昨晩の話し合いの中では、稀勢の里から、引退の理由については、あまりはっきりと語らなか

ったそうです。田子ノ浦親方からは、「思っているような相撲がとれていない。横綱は結果を

出さないといけないけど、出せていないのが現実」と語りました。

速報第72代横綱稀勢の里引退までの経過

2017年初場所、14勝1敗で初優勝。1998年夏場所後の3代目若乃花以来の19年ぶりの日本出

身横綱になりました。

同年2017年春場所、13日目に左腕付け根を負傷したが、休場せずに決定戦まで持ち込み、み

ごと新横綱での優勝を果たしました。この記録はすばらしく、新横綱優勝は、15日体制になっ

てから、1995年初場所の貴乃花以来、22年ぶりのことです。

稀勢の里は、このときの怪我が後々響き、年6場所制になってからの横綱8場所連続休場という

ワースト記録を更新してしまいました。

昨年2018年11月九州場所、横綱として、87ぶりとなる初日から4連敗後、休場となり、場所

後の横綱審議会で、初めてとなる「激励決議」が出されました。

その九州場所を休場するときに、田子ノ浦親方に、稀勢の里は、「このままでは終われない。

もう一度チャンスをください」と直談判しました。そして、年が明けたこの初場所にすべてを

かけて挑んだが、予想外の初日から3連敗となります。

またまた、ワースト記録の更新となってしまいました。3場所に渡っての8連敗(不戦敗除く)。

金星配給も通算18個目。

速報第72代横綱稀勢の里引退決断の日は、父の誕生日

横綱稀勢の里の最後の取り組みは、1月15日。この日は、なんと皮肉にも、父親・貞彦さんの73回目の誕生日でした。

速報第72代横綱稀勢の里引退プロフィール

稀勢の里 寛(きせのさと ゆたか)、本名・萩原 豊(はぎわら ゆたか)1986年7月3日生まれ、32歳、茨城県牛久市出身、田子ノ浦部屋、第72代横綱、188cm、178kg、B型、得意技・左四つ、寄り、突き、押し。

2002年3月場所、初土俵

2004年1月場所、幕下優勝

2004年5月場所、新十両

2004年11月場所、新入幕

2006年7月場所、新小結

2009年3月場所、新関脇

2012年1月場所、新大関

2017年1月場所、幕内最高優勝

2017年3月場所、新横綱・幕内最高優勝

速報第72代横綱稀勢の里引退!決断した日は父親の誕生日?のまとめ

横綱稀勢の里の「現役引退」。突然の速報に驚きましたが、すぐに、「やっぱり」という感じ

でした。個人的には、とても好きで、毎場所応援していました。またひとり応援する力士がい

なくなった。という寂しさもあります。しかし、反面、「横綱」の名を汚してしまったなとも

思います。これは、とても大きい影響だと思います。歴代の横綱のなかにも、まだ現役でとれ

るという横綱が何人もいたでしょう。しかし、彼らは、「横綱」の名を汚せないよう引退を決

断しました。日本国民すべての人が、横綱に昇進してからの稀勢の里に期待を持っていたと思

います。稀勢の里もそれに答えようと努力していたのも理解できます。しかし、引き際を間違

ってしまったようです。先日、女子レスリングの吉田沙保里さんが引退したのは、記憶に新し

いと思います。彼女は、東京オリンピックに出たいと公言していましたが、お父さんの言葉

「引き際が大事」と「若手にバトンタッチ」で引退を決断し、みごとな退き際を見せてくれま

した。とても残念な決断だけれど、美しい。若手やファンのために引きというのも大切だとい

うこと知らされました。稀勢の里は、「横綱」にこだわりすぎた、ファンは、稀勢の里自身と

同じくらい、初日から3日間は、辛かった。プロなのだから、見ているファンには、心配かけ

ずに、気持ちよくしてもらいたいものです。いろいろと残念でなりません。相撲人生、お疲れ

様でした。

[ad#co-4]

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット