紀平梨花怪我にも負けず!得意のトリプルアクセルで意地の逆転優勝か?

四大陸選手権フィギュアスケート女子フリースタイルが、2月8日(日本時間9日)に行われ、ショートプログラム(SP)5位たった紀平梨花選手が、左手薬指を怪我しながらも、得意のトリプルアクセルを成功させ、みごとな逆転優勝を果たしました。

スポンサーリンク

女子フィギュアスケート結果

                     総合    FS    SP   減点 

1位 紀平梨花              221.99  153.14  68.85  0

2位 エリザヴェート           207.46  139.37  68.09  1

3位 三原舞依              207.12  141.97  65.15  0

4位 坂本花織              206.79  133.43  73.36  0

5位 ブラディーテネル          202.07  128.16  73.91  0

6位 マライア・ベル           193.94  123.92  70.02  1

7位 イム・ウンス            191.85  122.71  69.14  0

8位 キム・イェリム           187.93  123.51  64.42  0

9位 ヴェロニク・マレ          170.46  115.49  54.97  0

10位 ラーキン・オーストマン       165.21  110.22  54.99  0

11位 ティン・ツゥイ           164.84    98.11  66.73  4

12位 イー・クリスティー・レオン     164.79  110.86  53.93  1

13位 キム・ハヌル            162.48  111.04  51.44  0

14位 ホンジー・チェン          150.50    96.06  54.44  1

15位 カイラニ・クレイン         149.52    88.88  60.64  1

16位 アレイン・チャートランド      147.54  101.65  45.89  1

17位 イサドラ・ウィリアムズ       138.26    90.34  47.92  1

18位 アリソン・クリステル・ペルティケト 136.97    85.31  51.66  1

19位 エイミー・リン           134.56    87.57  46.99  0

20位 アンドレア・モンテシノス・カントゥ 124.51    81.59  42.92  2

21位 ジョアンナ・ソー          117.82    67.82  50.00  1

22位 ブルックリー・ハン          -      -    54.22  -

スポンサーリンク

紀平梨花怪我感じさせない演技内容

演技スタート間もなくの、得意のトリプルアクセルを成功させると、続く技は、2回転半+3回転トゥーループの連続ジャンプも完璧にこなすと、そのあとは、ミスなく滑り切りました。

紀平梨花怪我する

紀平梨花選手は、ショートプログラムの本番2日前の練習中に左手薬指を亜脱臼する怪我を負ってしまいました。さらに驚きですが、その指は、昨年骨折した指だったのです。怪我の当初「痛い、痛い」とこぼしていました。

翌日の練習の午前中は、トリプルアクセルは封印、午後には、トリプルアクセルを2回成功させ、いざ、本番のショートプログラム(SP)に臨みましたが、トリプルアクセルの失敗もあり、5位という結果に沈みました。怪我の影響とみられます。

紀平梨花怪我にも負けず!得意のトリプルアクセルで意地の逆転優勝か?のまとめ

四大陸選手権は、紀平梨花選手がみごとに逆転優勝を飾りました。練習中に怪我をする予期せぬアクシデントがあり、ショートプログラムは、5位。この結果に、誰もが、こう予想したでしょう。怪我じゃしょうがないな。優勝は無理と。しかし、終わってみると、しっかり逆転していた。演技に集中する。そして、ほかのことは考えない。冷静でいること。演技構成も、トリプルアクセルを2回飛ぶ予定だったが、その日の氷の状態をみて、しっくりこないとい状況うことで、その日、トリプルアクセルを1回にして、確実に点をとりにいった。そのような、冷静な判断ができるのが、紀平梨花選手の強みであり才能だと思います。3月の世界大会にも大いに期待をしたと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする