引っ越し難民とは?2019年の傾向と対策をわかりやすく解説!

引っ越し難民という言葉を聞いたことありますか。えっと思われ方は、ぜひ、この説明を聞いてくださいね。知ると知らないでは天国と地獄の差がありますよ。引っ越しは、毎年3月から4月にかけて増えます。もし、予定通り引っ越しができなかったら・・・

スポンサーリンク

引っ越し難民とは

引っ越したいのに、引っ越しできないこと。

そのままですね。では、なぜ、このような言葉が

できたのでしょうか?

引っ越し難民2019の背景

昨年2018年の引っ越しの時期(2月ごろから4月にかけて)に、テレビなどのニュースで取り上

げられました。理由は、引っ越しできないとか、引っ越し料金が高すぎる、ということでし

た。ネット上でも賑わいました。

昨年、引っ越し料金が高すぎると問題になったのは、引っ越しの繁忙期といわれる3月下旬か

ら4月上旬の期間は、通常でも、引っ越し料金が2~3倍に跳ね上がります。さらに、そこに

2018年は、料金の高騰があったわけです。想定外のことが、起こったわけですね。

引っ越し難民の多発!

なぜに引っ越し難民が多発したのでしょうか。

そこには、原因が2つあります。

①運送業界の人材不足

この問題は、昨日今日の問題ではなく、長期にわたり問題化が続いています。ですから、繁忙

期の3月下旬から4月上旬は、引っ越し件数の需要と供給のバランスが一気に乱れ、人手不足

で、対応しきれなかったということです。引っ越し件数が減ると、当然ながら、一件当たりの

料金は、高くせざるを得ないのです。

②働き方改革

運送業界でも、働き方改革が実施され、長時間労働、いわゆる残業が抑制される事態となり、

一日の仕事量が減ったためです。

つまり、引っ越しの依頼件数が引っ越しできた実施件数を大きくうわまわったということで「引っ越し難民」が多発したというわけです。

引っ越し料金の高騰傾向

①②も、どちらも、引っ越し料金の高騰に繋がる内容です。それで、「引っ越し料金が高い」となるわけですね。

こうした現状に、会社、企業では、人事異動を4月中旬以降ずらしたり、全日本トラック協会では、混雑予想カレンダーを作成し、引っ越し日を分散するように協力をする動きがあります。

今年2019年では、昨年、7月にヤマトホームコンビニエンス社が、法人顧客向けの引っ越しで

水増し請求していたことが、判明しニュースとして流され、引っ越しの新規受注を停止。その

あおりで、今年の3月から4月は、さらなる引っ越し料金の高騰が予想されているのです。

引っ越しの時期、ピークは

引っ越しは、毎年、3月~4月に集中します。それは、進学や就職・転勤で一気に重なるからで

す。特に、3月中の引っ越しは、通常の2倍だそうです。さらに、ピークの時期は、具体的な、

期間は下記が予想されています。

3月23日(土)~4月7(日)

②3月16日(土)~22日(金)

③4月の土・日(6・7、13・14、20・21)

引っ越し難民2019年版にならないための対策!

引っ越し業者の繁忙期(3月~4月)=料金高い・人材不足を認識してください。

一番は、当然のことですが、上記、繁忙期をさけた時期にする。ということです。

次に、早め早めの引っ越し業者を選定します。

そのためには、一社では、引っ越し料金が高いか安いか判断つきませんので、1社でも多く見積もりを依頼します。

もし引っ越し難民になってしまったら

・軽貨物業者

独身や単身者のような荷物が少ない方は、赤帽や宅急便などを利用しましょう。ただし、荷物の大きさに制限がありますので、、事前によく確認しましょう。

・物流系運送業者

引っ越し専門ではありませんが、荷物を運送することは、同じなので、事前に問合せ確認しておきましょう。

・自分で運ぶ

近距離で、小さい荷物であれば、自家用車、もしくは、レンタカーのトラックを借りて、運ぶ。

引っ越し難民とは?2019年の傾向と対策をわかりやすく解説!のまとめ

2019年は、繁忙期の引っ越しには、特に料金が高くなる可能性が高いので、引っ越しが決まったら、早め早めに、引っ越し業者に見積もり依頼をして、引っ越し業者を決定することです。引っ越し難民には、ぜひ、ならないよう、行動をしてください。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする