フィギュアスケートロシア選手権大波乱!ザギトワ、メドベージェワ?

現在、日本でも全日本フィギュアスケート選手権が開催されていますが、ロシアにおいても選手権が行われています。そして、平昌オリンピック金メダリストのザギトワ、銀メダリストのメドベージェワを抑え、ジュニアの14歳のシェルバコワが優勝しました。さらに、4回転を成功させた。

スポンサーリンク

フィギュアスケートロシア選手権女子シングル結果

順位    名前          トータル  SP    FP

1位 アンナ・シェルバコワ         229.78      5      1

2位 アレクサンドラ・トゥルソワ      229.71      2      2

3位 アリョーナ・コストルナヤ        226.54      3      3

4位 スタニスラワ・コンスタンチノワ 212.92      4      5

5位 アリーナ・ザギトワ       212.03      1     12

6位 ソフィア・サモドゥロワ     209.77      6      6

7位 エフゲニア・メドベージュワ   205.90    14      4

8位 アンナ・タルシア        205.16      9      7

9位 アナスタシア・グバノワ       203.76      8     11

10位 アナスタシア・グリャコワ    202.63     10    10

1位2位3位ジュニア独占の活躍

平昌オリンピックで金メダのザギトワ、銀メダルのメドベージュワは、それぞれ、5位と7位と

いう結果で終わりました。この二人のメダリストをことごとく破ってしまったのが、シェルバ

コワ(14)、トゥルソワ(14)、コストルナヤ(15)のジュニア勢です。この1位、2位のシェルバ

コワとトゥルソワは、4回転の技を持っていて、今大会、成功させました。この意味はとても

大きいのです。現在、女子での4回転は、世界のシニアのトップ選手がいまだ誰も成功してい

ないのです。そして、残念なことに、年齢制限があり、世界選手権の出場資格がないのです。

一方金銀メダリストは

アリーナ・ザギトワは、4回のジャンプのうち2回転倒の大きなミス、今シーズンにかけて、安定していない。

エフゲニア・メドベージュワは、ショートプログラムで大きくミスをし、14位としたものの、フリーの演技で、14位から7位まで順位を上げたのは大きい収穫です。そろそろ、実力の復調の兆しがみられたようです。今後に期待がもてます。

まとめ

今回のフィギュアスケートロシア選手権の出来事は、世界中に発信。脅威の出来事です。これ

からのロシアの選手層の厚さにも驚きます。現時点でも、今季は不安定な結果しか残せていま

んが、アリーナ・ザギトワ、実力は、抜群。今大会で、足を骨折し、リハビリをしていたエフ

ゲニア・メドベージュワも復調を匂わせ、これからの優勝争いが、ロシア内でも繰り広げられ

ます。今後を考えると、楽しみになってきますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット