屋久島記録的大雨の天気!登山客ら土砂崩れ被害で孤立し救出へ?

スポンサーリンク

5月18日、鹿児島県屋久島町で、記録的な大雨で、数か所で土砂崩れなどの被害が起き、ツアー客などが登山口などに計262人が孤立。また、低体温症とみられる情報も上がっています。周辺では、土砂崩れなどがあり陸上からは近づけない状況となっています。

[ad#co-1]

屋久島記録的大雨の天気!

鹿児島気象台は5月18日午後6時、50年に一度の記録的な大雨となっているところがある。と

発表しました。

町全域に避難勧告をだし非難を促しています。

屋久島記録的大雨の天気、屋久島町の状況!

屋久島町は18日の午後6時10分までの1時間に120ミリの雨が降っており、記録的大雨となっ

ている状況です。屋久島の東部のいくつかの場所で、土砂崩れも発生しています。

登山口からふもとまで、観光客を乗せるバスが4台、降りることが出来なくなり

191人が、バス3台と小屋の中で避難し待機しています。

ほかに、バス1台に24人が取り残されている状況です。

そして、国の自然休養林「ヤクスギランド」に向かう県道沿いでも土砂崩れが発生していま

す。

バス1台と車10台が身動きが取れず立ち往生、「ヤクスギランド」の施設では、34人が

救助を待っている状態です。13人が山小屋にいます。

件は、午後9時、陸上自衛隊に「災害派遣要請」をしました。

スポンサーリンク

屋久島記録的大雨の天気!救出状況

屋久島町役場によると、5月19日午前11時20分、「ヤクスギランド」に取り残されていた34

人は、救助隊に救助され下山を開始したそうです。

孤立した登山者273人のうちの大半が19日の午前一斉に下山を始めました。

荒川登山口で195人が孤立していて、荒川三又路で男性13人、女性11人計24人で

午前10時過ぎから県警機動隊が救出を始めてバスで下山しました。

高塚小屋の13人。

荒川登山口、ヤクスギランド、高塚小屋からは、徒歩で下山をしているとのことです。

残る新高塚小屋の7人は、確認を進めています。

屋久島記録的大雨の天気!最新救助状況

屋久島町によると、足止め状態で孤立しているのは、荒川登山口273人。

一時、262人が孤立としていたが、精査したところ、午前8時40分現在、273人となっていま

す。また、ねん挫をしている人が2人いる模様です。

屋久島記録的大雨の天気!今後の救助作業予定

陸上自衛隊が、19日午前9時すぎ、第一陣約40人が現地入り、第二陣が約10人、計約50人態

勢で、屋久島町内の土砂崩れなどの被害状況の確認を行っています。

県や町は重機の投入方法などの対応を協議していますが、

天気が回復せず、午前10場半時点、ヘリコプターなどによる救助は始まっていません。

屋久島記録的大雨の天気!ツアー客ら土砂崩れ被害で孤立し救出へ?のまとめ

観光客や登山客が大変な状況になっています。

50年に一度という記録的大雨。また、今年も大変な予感がしますね。

何処に行くにしても、事前準備、天気予報の確認、心構え

などチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット