横浜地下鉄ブルーライン不通脱線のため!振り替え輸送で対応中。

6月6日(木)午前5時20分ごろ、横浜市の市営地下鉄「ブルーライン」の始発電車が下飯田駅付近で脱線し、恥部の区間において不通となっています。今の所けが人はいないとのことです。また、現在、振り替え輸送をしています。詳しい内容をお知らせします。

スポンサーリンク

横浜市営地下鉄ブルーライン脱線で不通!どこが不通?

6月6日(木)午前5時20分ごろ、市営地下鉄「ブルーライン」下依飯田駅で発生した脱線事故の

影響でが一部不通となっています。(6/6、9:00)

不通の区間は、踊り場ー湘南台駅間。

現在、振り替え輸送しています。

振り替え輸送

JR線、東急線、相鉄線、みなとみらい線、小田急線。

なお、踊場駅ーあざみの駅間では折り返し運転となっている模様です。(6/6 7:06)

復旧の見通しは立っていません。

横浜市営地下鉄ブルーライン脱線で不通!原因は?

横浜市によると、工事用車両を別のレールに移動させるために5日夜に使用した装置を

線路から撤去し忘れが原因で、そこに乗り上げ、脱線に至ったこととみられています。

「湘南台発あざみの駅行」の始発電車は、6両編成のうちの前方4両が脱線しました。

横浜市営地下鉄ブルーライン脱線で不通!のまとめ

「撤去し忘れ」というヒューマンミスです。

そういうことが原因というのは、ちょっと信じられないのですが・・

たくさんの人命を預かる交通機関においては。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット