松本ツイッターで動きます!宮迫解雇した吉本興業の会長と社長になぐりこみ?

スポンサーリンク

2019年7月21日、松本ツイッターで動きますと発信!昨日、雨上がり決死隊の宮迫、ロンドンブーツ1号2号の田村亮が、緊急記者会見を行いました。ふたりが所属する吉本興業との引退をかけた駆け引き、完全ブラック企業と闇営業に関わった芸人を救うためダウンタウンの松本がツイッターで動きます。

[ad#co-1]

2019年7月21日、二人の緊急棋士会見を見たダウンタウンの松本氏が、ツイッターで「動きま

す」と発信。どのようなことなのでしょうか?

2019年7月20日、闇営業問題の中心人物がやっと動き出し、緊急記者会見を開きました。つい

に真実が語れる時が来た。ふたりは、涙を流しつつの会見となりました。しかし、意外な展開

が待っていたのです。

宮迫・田村と吉本興業が決裂していたという事実が判明。2人は、以前から謝罪会見をやらせ

てほしいと嘆願していたという。しかし、吉本興業の社長岡本昭彦氏から「謝罪会見を開くな

ら全員連帯でクビ」と言われていたことを暴露しました。そして、宮迫さんは「僕のような能

力でも、何年経とうがいつか、何かお役にたてるかもしれない。引退は考えられない」「反社

会勢力とは知らなかった」と語りました。それを聞いた瞬間、ちょっと違和感がありました。

個々の場面では、「引退する」ではないのではないかと。やっぱり辞めたくないんだと感じま

した。

この近畿優記者会見を受けて、ダウンタウンの松本人志さんがツイッターを発信し動きまし

た。同日の深夜に最終の仕事を終わるとすぐその足で新幹線に乗りました。大阪からの緊急帰

京。そして、吉本興業東京本社に直行、約2時間の緊急会議を行いました。今後の吉本興業の

会長と社長の対応について追いました。

7月20日闇営業、宮迫・田村緊急会見

闇営業で反社会勢力との間で行った問題で、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)とロンドンブーツ

1号2号の田村亮(47)が、問題が発覚し表面化してから初めて会見をたった2人で行いました。

ふたりの現在の処分は、宮迫博之氏は、吉本興業から7月19日付でマネジメント契約解消。田

村亮氏は、無期限の謹慎処分です。

会見の冒頭で宮迫氏が被害者とその家族、親族に向かって「お詫びさせてください。本当に申

し訳ありませんでした」と謝罪から始まりました。

次に追うようにして田村亮氏も宮迫氏同様の内容で、被害者、親族、友人ら向けて謝罪をしま

した。

緊急会見までの吉本興業とのバトル

7月18日、翌日発売される「FRIDAY」に金塊強奪犯との主席の写真が喝采されることが判明

し、宮迫博之引退の文字が流れ始め、19日、吉本興業は今後の宮迫博之とのマネジメントムの

継続に重大な支障が生じた年、上記決定に至りました。と発表があり契約を解除されました。

その翌日の20日に二人っきりの緊急会見が開かれるという流れになったのです。

吉本興業からは会見はないと断言をしていたので、周りは大変驚きました。

この席でまず明かされたのが、対吉本興業との間で対決があったことです。

ふたりは、吉本興業の社長岡本昭彦氏に謝罪会見をしたいと訴えていました。しかし、岡本社

長には聞き入れてもらえなかったことを暴露し、会社を批判することも。

さらに、この会見で明かされた吉本興業の幹部言葉です。驚きです。いつの時代の出来事思っ

てしまいます。こちら

「お前らテープ回してないやろな」

「お前辞めて1人で会見したらええわ。やってもええけど、そんなら全員連帯責任でクビにするからな。それでもええんなら記者会見やれ」

「織にはお前ら全員クビにする力があるんや」

「在京5社、在阪5社のテレビ局は吉本が株主やから大丈夫や」

シーン。怖いですねー。

こんなことがあったなんて。耐えられないな。

完全に吉本興業はブラックだよ。と言っているようなものです。これが吉本の正体なのか!

スポンサーリンク

宮迫氏の保身(うそ)と吉本興業の対応?

さにに吉本興業のブラック話は続くのです。

吉本興業が宮迫氏と田村氏の金銭授受があったと発表したのは、6月24日。しかし、実は、二

人が金銭授受を吉本興業へ報告したのは、6月8日(第一弾のFRAIDAY発売日の翌日。宮迫氏ら

がSNSでうそ・金銭授受していないしたのが6月7日)と話しました。

6月8日、宮迫氏は第一弾のFRAIDAYの発売日の翌日に田村氏から、お金のことを言いましよ

うと電話を受けました。

この時宮迫氏は「保身」に走ろうとしますが、結局、いろいろとふたりで押し問答を繰り返し

た結果、会社に報告しようということになり、その足でふたりで会社に行きました。

ここまでの出来事と流れは6月8日のことです。しかし、

吉本興業が発表をしたのは、6月24日。(金銭授受を認め謹慎処分を発表した日)

8日から「ずっと静観でいきましょう」と言われふたりも納得してたといいます。

宮迫氏は、「保身」のため、うそをつき続けようと判断、お金はもらっていないという口裏合

わせの支持をしたことも明らかに話しました。

6月8日~6月24日「ずっと静観でいきましょう」

宮迫「大丈夫か、会見を開いていったほうがよいのではないか。」

吉本社員「いえ、会社としては静観です」

田村「記者会見をやらせてください。全部自分たちの口で、金額、経緯、事実を伝えさせて下さい。」

吉本社員「ダメだ。記者会見をさせるつもりはない」

田村「辞めてでも、僕一人でも会見をさせてくれ」

社長「弁護士、社員、すべて出ろ」「お前ら、テープ回してないやろな」~

ここまでの流れは、6月24日。

6月24日~謹慎期間に入る

謹慎に入ってからも宮迫氏と田村氏のふたりは、吉本興業に謝罪会見を開きたいと交渉を続けます。

宮迫「引退してても記者会見をやらせてくれ」と何度も連絡します。

7月7日、吉本興業から宮迫氏のマンションに会いに来ます。

「引退するなんていわないでください、話しましょう」

7月8日、宮迫氏と田村氏ふたりで吉本興業に行きます。

宮迫「僕が全責任を負う引退するんで、引退会見でいいので、謝罪をさせてくれ」と岡本社長

   に嘆願します。

社長「引退はさせない、させるわけにはいかない」

社長「わかった、会見はやらせてやる。その代り期間はこちらで決定する」

社長「いつになるかは明言できない」

宮迫「一日でも早く、今すぐにでもいいから、会見をやらせてください」

社長「それはできない。期限はこっちが決める。こっちの権限だ」

弁護士を立てる!えっ話が違う?

このまでは、うやむやにされてしまうという危機感から、ふたりは、弁護士を立てます。

7月18日、突然、吉本興業からふたりの弁護士宛てに連絡が着ます。

「宮迫氏と田村氏2人の引退会見、もしくは2人との契約解除、どちらかを選んでください」

宮迫氏は意味がわからないという。引退ということもなく、謝罪会見をさせてもらえると思っ

ていた僕たちはどうしたらいいのかわからなくなりました。

吉本興業は、「話し合いをしましょう」ということになり、二人の弁護士を一旦解除しまし

た。

そして、吉本興業に訪れたふたりに吉本興業側の弁護士は、引退会見を迫ったといいます。

松本人志ツイッターで「動きます!」

ダウンタウンの松本人志氏がツイッターを投稿し動き出しました。

7月20日の深夜、ダウンタウン松本、東野、吉本興業大崎会長、岡本社長と4人水入らずで話し

合ったという。

会長も社長もちゃんと話を聞いてくれた。

絶対に悪いかて者じゃないと松本氏が言います。

松本氏が言うには、岡崎社長は、以前松本氏のマネージャーという関係だそうです。

ejto

20も前から大崎社長には、こう言ってたといいます。振る舞いが横暴だったり・・・

そういうところが気になりますよと。

そして、大崎会長については、会長とずっとやってきたので、もし、これ以上、問題が大きく

なったら自分の進退を考えなければ・・、と話していたという。松本氏は、大崎さんがいなか

ったら、ぼく(松本)も辞めますと言ってたのを全力で止めた。

うちの兄貴なので、大崎さんがいなくなったら、ぼく(松本)は辞めますね。

7月22日(月)、吉本興業の岡崎社長が会見を行います。

さらに松本氏は、吉本興業に対して、ある提案をしました。

「吉本興業の中に、『松本興業』のようなものを作って、宮迫氏や田村氏らを引き取りたい

と」

この松本氏の提案に対して、吉本興業は、受け入れたとしています。えー!ですね。

また、なぜか明石家さんま氏が突如として登場し、同じように提案していたということです。

良くわかない業界ですね。

[ad#co-4]

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット