高崎線一時全線運転見合わせ!原因は高2男子飛び込みか?

スポンサーリンク

5月7日午前6時50分ごろ、JR高崎線が一時運転を見合わせていました。同時刻、「人が線路に飛び込んだ」と110番通報がありました。場所は、埼玉県熊谷市久下のJR高崎線の踏切。どのような状況だったのでしょうか調べてみました。

[ad#co-1]

高崎線一時全線運転見合わせ!人身事故

5月7日午前6時50分ごろから、およそ1時間にわたり、高崎線の高崎駅ー東京駅間において、

人身事故により、一時全線、運転を見合わせていました。

この事故の影響で、上下線6本が運休し通勤客など、約5万3000人に影響が出ました。

高崎線一時全線運転見合わせの原因は?

高崎線の運転見合わせと同時刻に「人が線路に飛び込んだ」との通報が110番にありました。

熊谷駅ー行田駅間の埼玉県熊谷市久下の踏切で、10代とみられる少年が、踏切で線路に飛び込

み、電車と衝突してその場で死亡が確認されました。

熊谷署の発表によりますと、少年は、持っていたカバンを置いてから遮断機をくぐって

踏切内に侵入したとの複数の目撃者が証言をしています。

少年は県内の高校の制服をきており高校生とみられ、

警察が自殺とみて身元の特定を急いでいます。

乗客には、けがはありませんでした。

スポンサーリンク

高崎線一時全線運転見合わせ!原因は、高2男子飛び込みか?のまとめ

ゴールデンウィーク10連休明けの早朝からの事故で、とても多くの方々に影響が出てしまい

ました。

高校生の人身事故ということで、とても痛々しい出来事です。

何があったのでしよう。

若いのに残念です。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット