福岡国際マラソン2019結果速報!優勝はダザ(モロッコ)選手!

2019年12月1日(日)の日程で、12:10スタート。第73回福岡国際マラソン2019が平和台陸上競技場を発着としたコースで開催されました。その結果速報をどこよりもいち早く伝えます。ダザ(モロッコ)選手が2:07:10のタイムで優勝しました。

 

第73回福岡国際マラソンは、日本新記録の2時間5分49秒以内のタイム

を出した選手のうちで、最速の選手はあと1枠となる2020年東京

オリンピックへの出場権を手にすることが出来ます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

福岡国際マラソン2019結果速報!

金:優勝 エルマハジューブ・ダザ(モロッコ/28歳)選手

             2:07:10

銀:日本人1位 藤本拓(トヨタ自動車/30歳) 2:09:36

銅:日本人2位 福田穣(西鉄/28歳) 2:10:33

 

川内選手は12位。

 

12:10スタート

5km      14:51  第一グループ(藤本・佐藤・市田・他)(大迫14:53)

10km    29:48 (大迫30:12)アヤナ(エチオピア)がリタイヤ。

15km   44:42(大迫45:07)

20km     59:42(大迫59:51)

中間       1:03:02(大迫1:03:04)

25km     1:14:35(大迫1:15:19)藤本・佐藤・ダザ・デレサの四人。

30km     1:29:33(大迫1:29:46) 藤本・ダザの二人となる。            

     ペースメーカーが外れます。佐藤・デレサ遅れだす。ダザが飛び出す。

35km  1:44:41(大迫1:44:17)ダザが単独でトップで藤本拓2位。

    初めて、大迫の記録より遅れました。

    佐藤悠基が何度も立ち止まり、4位に。     

40km    2:00:16 ダザ。

ゴール   2:07:10  ダザ

福岡国際マラソン2019コースと場所

コース :「平和台陸上競技場(大濠公園)」⇒「福岡市西南部周回」⇒「福岡市東区香椎折り

返し」

 

福岡国際マラソン2019出場選手

<国内招待選手>

●藤本拓(トヨタ自動車/30歳、’19MGC9位)

●川内優輝(あいおいニッセイ同和損保/32歳、’19世界選手権29位)

●佐藤悠基(日清食品グループ/33歳、’19MGC23位)

●福田穣(西鉄/28歳、’19MGC22位)

●マイケル・ギザエ(スズキ浜松AC/25歳、’19北海道4位)

 

<海外招待選手>

●エルマハジューブ・ダザ(モロッコ・28歳、’19プラハ優勝)

●ツェダトアベジェ・アヤナ(エチオピア・23歳、’19セビリア優勝)

●コーエン・ナート(ベルギー・30歳、’19ロッテルダム7位)

●レイモンドキプチュンバ・チョゲ(ケニア・31歳、’19ウィーン4位)

●アマヌエル・メセル(エリトリア・28歳、’18福岡国際3位)

●アブディイブラヒム・アブド(バーレーン・22歳、’18ローマ2位)

●クリスチャン・パチェコ(ペルー・26歳、’19パンアメリカン優勝)

●シャドラック・キプラガト(ケニア・28歳、’18プラハハーフ5位)

 

●設楽啓太(日立物流/27歳)【一般参加】

エルマハジューブ・ダザ選手のプロフィール

エルマハジューブ・ダザ(DAZZA EI Mahjoub/MAR)

1991年3月3日生まれ、28歳、168cm、59kg。モロッコ。

自己ベスト 2:05:26(’18バレンシア6位)

主な成績

’19プラハ優勝

’17バレンシアハーフ9位

福岡国際マラソン2018昨年の結果はこちら 

昨年2018年の福岡国際マラソンの優勝は、服部勇馬選手(トヨタ自動車)でした。

 

服部勇馬選手プロフィール

服部勇馬(はっとり ゆうま)

1993年11月13日生まれ、26歳、176cm、61kg、新潟県十日町市出身。

東洋大学経済学部経済学科卒業

トヨタ自動車所属

自己ベスト・マラソン 2時間07分27秒(2018年12月2日、福岡国際マラソン)

福岡国際マラソン2019結果速報!優勝は  選手!のまとめ

取り急ぎ、速報をご覧ください。

残念ながら、日本人が優勝を取ることが出来ませんでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ マラソン
t-muroをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
wadai

コメント

タイトルとURLをコピーしました