全日本フィギアスケート選手権男子SP結果!高橋大輔は?

スポンサーリンク

12月22日(土)行われました、全日本フィギュアスケート選手権男子SP(ショートプログラム)の結果をお知らせします。今回の大会では、すでに話題となっていますが、5年ぶりに現役復帰した高橋大輔(32)に注目があつまっています。どのような結果となったのでしょうか。

[ad#co-1]

男子ショートプログラム(SP)結果ベスト10

1位 宇野昌磨  102.06 減点「0」

2位 高橋大輔   88.52  減点「0」

3位 島田高志郎  80.46  減点「0」

4位 田中刑事   79.32  減点「1」

5位 中村優    77.11  減点「0」

6位 鍵山優真   74.51  減点「0」

7位 友野一希   73.09  減点「1」

8位 木科雄登   72.96  減点「0」

9位 山隈太一郎  72.73  減点「0」

10位 山本草太   71.95  減点「1」

宇野昌磨選手負傷?

宇野昌磨選手は、期待通りのスケーティングと結果でした。終始、安定したすべりと2種類の4

回転ジャンプを完璧にこなしました。でも、気になることが。本番前の練習中のシーンをテレ

ビカメラがとらえた映像には、顔をしかめ、手で足を押さえる場面が映し出されました。間違

いなく、足のどこかを痛めたように見えました。カメラは、宇野選手がリンクから上がるまで

とらえており、その間、ジャンプの練習をすることがありませんでした。いざ本番。このよう

な出来事があり、心配しながら見ていましたが、どこかを痛めたようなしぐさもなく、完璧に

滑りきったのには感激しました。本当に、痛めてなければいいのですが。演技後のインタビュ

ーでは、怪我がにつてい直接答えるコメントは、ありませんでしたが、フリーが終わるまで自

分の口からは何言いたくない、言い訳にしたくないと述べるにとどめ、やはり、何かあったよ

うですね。すべり終わった最後のシーンで力強く腕を振り落としました。そこに、いつもと

は、違う何かがあったことを感じ取れます。

スポンサーリンク

高橋大輔選手フリーヘ温存のすべり

高橋大輔選手(32)は、大健闘!いわゆるベテランの無難にまとめたということでしょうか。4回

転ジャンプは、封印しました。不安なく全体をすべり切りましたね。

フリー滑走順

24日の男子フリーの滑走順は、最終組、4位の田中19番、1位の宇野22番、2位の高橋23番、3位の島田が24番です。

まとめ

競技前の評判で、高橋大輔選手の出来次第で、この選手権が盛り上がるかどうかで、ショート

プログラムで、2位に食い込む大健闘でした。その結果、選手権が、俄然、面白くなりまし

た。高橋選手は、フリーに4回転を飛ぶ勝負を決めに来るでしょう。一方、ショートプログラ

ムトップの宇野昌磨選手は、足を痛めているのが、一抹の不安があります。点差があるとはい

え、期待をしたいものです。また、2019年世界選手権のキップも夢ではないと思います。24

日の戦いを楽しみに待ちたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット