RENAは写真集を出版する格闘家!本当なの韓国人といううわさ?

スポンサーリンク

2018年12月23日、RENAが写真集を出版しました。美人で格闘家のRENAは今年7月突然の休養宣言し、自分を見直すためとハワイへ旅立った。年末の「RIZEN」に参戦するきっかけがこの写真集の中に・・評判も上々、格闘家RENAの魅力と韓国人といううわさに迫ります。

[ad#co-1]

格闘家RENA ベラトール222 試合結果【追記6/15】

ベラトール初参戦したシュートボクシング世界フライ級王者「RENA」(27)は、

残念ながら、米国のリンジー・ヴァンザントに1回4分4秒で、背後に回られて、そのまま首を

絞められるチョークにより一本負け!

RENAの米国デビューは、叶わなかった!

RENA6月14日、計量後の「美ボディー」はこちら【追記6/15】

スポンサーリンク

RENA日本人初のMSGベラトール初参戦!【追記5/23】

5月23日、RIZENは、RENA(27)がベラトール222大会に参戦することを発表しました。

日本人女子格闘家として初、聖地に立ちます。

参戦日は6月14日(金)、日本時間15日(土)、アメニューヨーク・マディソンスクエアガーデン(MSG)

対戦相手:リンジー・ヴァンザント

契約体重50.8キロ、肘あり総合格闘技ルールで行われます。

日本女子格闘技を引っ張っている第一人者のRENA、がんばって欲しい!

RENA復帰戦決定!(追記4/7)

2019年4月21日(日)、「RIZIN.15」横浜アリーナ大会で、RENAが復帰することを、4月6日

RIZEN事務所で発表しました。

2018年12月31日「RIZIN」を、体重調整がうまくいかず過度の貧血と脱水症状で軽量時間に

間に合わず「失格」となり、出場ができなかった。

自らを「プロ失格」と責めた。

RENAは、完全に体調が戻ったのだろうか?

一抹の不安が・・

対戦相手は、同じくサマンサ・ジャン・フランソワ(フランス)

MMA5分・ヒジありルールで対戦。

前回は、スーパー・アトム級(49.0kg)での試合だったが、今回は、51.0kg契約での試合とな

ります。

【試合結果】RENAの勝利でした。(追記)

[ad#co-2]

格闘家RENA写真集出版の真相とネットの反応

美人で格闘家で絶対女王と言われています。

RENA格闘家の初めての写真集が、発売されました。

タイトルはRENAフォトブック「RE:NA」。発売日、2018年12月23日(日)です。

内容を少しだけご紹介します。

RENAさんが2018年7月の「RIZIN」で、リベンジした試合に負けたのを機に、

「普通の女の子に戻りたい」と、デビュー以来の初めての休暇をいただき、

自分を見直すハワイの旅に出かけました。

ハワイの海、山などでの水着姿も披露しています。

ジム内でのトレーニング姿も撮影されてますね。

写真集のサイズ「B5版」、128ページ。

RENA写真集

RENA写真集の表紙

ネットでの反応を調べてみると、

今回が、初めての写真集なので、日頃というか、RENAさんの試合での

コスチューム衣装、ロングスパッツを見慣れているので、

写真集での水着はやはり、

プロポーションなど気になるようでたくさんの驚きがあるようです。

写真集の評判版上場です。

RENA格闘家彼氏と結婚で引退か?

RENAさんの今後のことが気になっている方のために、いろいろ調べてみましたが、

彼とか結婚とか、ましては、引退などが多く見受けられましたが、

これひとつとして、確認されていないようで情報がありませんでした

RENAさん自身が、25歳までには、

結婚したいとの話をしていたからかもしれませんが、おそらく噂です。

今、現在27になってしまっていますが、ご安心ください。

RENA格闘家のシュートボクシングきっかけ

RENA

RENA

理由はいろいろ複雑ということですが、

小学校5年ごろまで、引きこもっていて、自分で、

なにかをしなきゃいけないと思ったことと、

RENAさんは、4姉妹の末っ子で、姉たち3人がヤンキーで、

いじめられるし、パシリにされていて、

そこでなんとかして姉たちを倒したいとの気持ちから、

小学6年生の頃に、たまたま、家の近くにシュートボクシングのジムを見つけ、

お母さんに頼み込んだとのことです。

このジムは、SB日本スーパーフェザー級チャンピオンの及川知浩さんの及川道場の門をたたき

した。そして、グローブ空手の大会で経験を積みました。

なお、念のためシュートボクシングを説明いたします。

キックボクシングに、投げ技やバックドロップ、

立ったままの状態での関節技をプラスしたもので、寝技は禁止です。

また、総合格闘技についても説明いたします。

総合格闘技は、指先がでるオープンフィンガーグローブというグローブで、

シュートボクシングで禁止されている寝技も使えます。

RENA格闘家がボコボコにされ、骨折

シュートボクシングで、2010年8月29日に高橋藍選手との初対戦では、

判定で「3-0」で勝利したものの、

眼窩低骨折(がんがていこっせつ)で、しばらく試合を遠ざかっていました。

その後、今から7年半前の2011年6月5日、再対戦して、

なんと、予想外の展開で、何発も連続パンチを受けさらに、

投げられ、鼻血まででてボコボコにやられてしまいました。

判定「0-3」で完敗でした。RENAさんの作戦ミスだったそうですが。

RENA格闘家が韓国人疑惑の真相がヤバイである噂は本当?いわれるのはなぜ

RENAさんについて調べると、韓国人?と表記されて、話題になっているのが目立ちます。

それをひとつひとつ調べてみても、どれひとつ、韓国人では、無いようですよ。

ただの噂、ガセですよ、というものばかりでした。

顔つきや顔立ちがちょっと韓国風かなという雰囲気みたいな

のを感じる人が多いのではないかなと思いますが、韓国人では、ないようです。

RENA格闘家顔すっぴんがかわいい?

すっぴん顔がかわいいとかかわいくないとかの情報もあり、調べてみましたが、格闘家なの

で、基本的には、通常、お化粧をしていません。それでいてこの美しさなので、噂の情報なの

ではないでしょうか。かわいいです。

RENA格闘家マウスピースの驚きの秘密とは

RENAさんについて調べていくと、

マウスピースになにか秘密があるとかないとか、

関心を持たれているみたいです。

深堀していくと、ちょっと個性的な形のマウスピースで、

牙が2本ついています。

そう、あのドラキュラのイメージです。今度、意識して、RENAさんの口元を観

察してみましょう。かわいいかも・・

[ad#co-3]

RENA格闘家戦績や入場曲がダサい調査結果

<戦績>

シュートボクシングでは、42試合 36勝(11KO  判定25) 5敗1引き分け(2017年7月現在)

総合格闘技では、「RIZEN」9試合 7勝2敗  その2敗とも、朝倉選手(朝倉カンナ選手

2017年12月31日1本、2018年7月29日判定0-3、2018年7月現在)からです。

2敗した理由を少し、解説します。

RINAさんは、シュートボクシングからきました。

一方、朝倉カンナ選手は、レスリングから来ています。

ポイントは、ここなのです。

シュートボクシングは、寝技禁止!レスリングは、寝技もOKです。

さらに、寝技と関節技を得意としています。

戦いは、「パンチ」対「寝技」の構図となります。

となると、戦術的に有利となるのは、「寝技」です。

RINAさんは、寝ながらの戦法が経験上、あまりないです。

まして、関節技など。ですから、

当然の結果と言えばそれまでですね。RINAさんの課題です。がんばってください。

<入場テーマ曲>

選手入場の時にかかる、RENAさんの入場のテーマ曲が、多くの方から、ダサイね、と噂され

ています。エイジアエンジニアの「絶対負けない」という曲です。歌詞がいいということみた

いで、ひとそれぞれどう感じるかなので、RENAさんが、気に入っているので、それはそれ

で、いいのではないかと思います。

RENA格闘家プロフィール

久保田 玲奈(くぼた れな) 1991年6月29日生まれ、27歳、A型、160cm、50kg、

大阪府大阪市此花区西九条出身、4姉妹の末っ子。シーザージム所属、職業シュートボクシン

、総合格闘家。現在、シュートボクシング世界女子フライ級チャンピオン。

RENAは「絶対女王」と言われてます。

2007年7月1日J-GIRLS新宿FACE大会で、

リングネーム「クボチューン・レーナM15」でプロデビュー。

しかし、結果は判定負けでした。シュートボクサー

としてのデビューは、同2007年12月23日、大阪IMPホール大会でした。

みごと、判定勝ちしました。

その後、2008年にリングネームを「RINA」(レーナ)と改名、それから現在に至りま

す。2015年より総合格闘技の「RIZIN」に参戦中です!

RENAは写真集を出版する格闘家!本当なの韓国人といううわさ?のまとめ

RINA格闘家!想定外の出来事に、なんと驚いたことでしょう。

今年2018年12月31日の「RIZIN」に出場予定だったRENA(格闘家)は、

急遽、欠場したのです。昨日の12月30日、軽量において、

過度の貧血と脱水症状で、軽量時間に間に合わず、

「失格」ということで、RIZIN実行委員長から発表されました。

最終計量での出来事で、体重調整がうまく出来なかったよう

です。自分でも「プロ失格」と自らを責めていたといいます。

なんという決末でしょう。こんなに期待をもって、楽しみにして待っていたのに、残念です。

でも、残念なのは、彼女自身でしょうね。

いまは、体調を万全に戻すことに集中していただいて、次なる機会に備え、期待を

持って、待つことにしましょう。

[ad#co-4]

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット